プレイリスト
2020.11.02
おやすみベートーヴェン 第323夜【不滅の恋人との別れ】

《修道僧の歌》——シラーの戯曲『ヴィルヘルム・テル』から作曲した無伴奏男声三重唱

生誕250年にあたる2020年、ベートーヴェン研究の第一人者である平野昭さん監修のもと、1日1曲ベートーヴェン作品を作曲年順に紹介する日めくり企画!
仕事終わりや寝る前のひと時に、楽聖ベートーヴェンの成長・進化を感じましょう。

ウィーン会議、ナポレオンの没落......激動のウィーンで43歳になったベートーヴェン。「不滅の恋人」との別れを経て、スランプ期と言われる時期を迎えますが、実態はどうだったのでしょう。

ONTOMO編集部
ONTOMO編集部

神楽坂を拠点に、取材・編集作業をしています。

監修:平野昭
イラスト:本間ちひろ

この記事をシェアする
Twiter
Facebook

シラーの戯曲『ヴィルヘルム・テル』から作曲した無伴奏男声三重唱 《修道僧の歌》

ベートーヴェンがいつかは劇音楽化したかったシラーの戯曲『ヴィルヘルム・テル』からとられた詩による無伴奏男声三重唱(三部合唱も可)。テノール2、バス2の3人で歌う1分ほどの曲。

 

死は突然に人を訪れる。彼に時は与えられていない。人生の途上で襲われ、満ち足りた人生から引き裂かれる。心づもりがあろうが無かろうが、人は審判者の前にたたなければならない」と歌われる短い作品。

 

ウィーンを去るひとりの友人の記念帳に作曲された楽譜に、ベートーヴェンは「我が友人クルムホルツ(1750~1817年5月2日没)の急逝を追悼して、1817年5月3日」と記している。

解説: 平野昭

ベートーヴェンは、「第九」第4楽章の詩の作者であるシラーの作品に、以前から強い関心を寄せていました。『ヴィルヘルム・テル』の一節と友人の急逝が重なったのですね。ロッシーニのオペラ《ウィリアム・テル》の原作でもあります。

作品紹介

 歌曲《修道僧の歌》WoO104

作曲年代:1817年5月3日(ベートーヴェン47歳)

出版:1839年

ONTOMO編集部
ONTOMO編集部

神楽坂を拠点に、取材・編集作業をしています。

ONTOMOの更新情報を1~2週間に1度まとめてお知らせします!

更新情報をSNSでチェック
ページのトップへ