プレイリスト
2020.11.06
おやすみベートーヴェン 第327夜【最後の10年】

「25のスコットランド歌曲集」——ウィーン会議開催中に知り合ったリトアニア公国王子に献呈!

生誕250年にあたる2020年、ベートーヴェン研究の第一人者である平野昭さん監修のもと、1日1曲ベートーヴェン作品を作曲年順に紹介する日めくり企画!
仕事終わりや寝る前のひと時に、楽聖ベートーヴェンの成長・進化を感じましょう。

48歳となったベートーヴェン。作品数自体は、これまでのハイペースが嘘のように少なくなります。しかし、そこに並ぶのは各ジャンルの最高峰と呼ばれる作品ばかり。楽聖の「最後の10年」とは、どんなものだったのでしょう。

ONTOMO編集部
ONTOMO編集部

神楽坂を拠点に、取材・編集作業をしています。

監修:平野昭
イラスト:本間ちひろ

この記事をシェアする
Twiter
Facebook

ウィーン会議開催中に知り合ったリトアニア公国王子に献呈! 「25のスコットランド歌曲集」

「25のスコットランド歌曲集」

1.音楽、恋そして葡萄酒(合唱付)
2.日暮れに
3.ああ、あの楽しかったとき
4.アイラの娘
5.ジェイミーは最高の若者だった
6.私の目はかすんでゆく
7.素敵な人、ハイランドの若者
8.インヴァネスの可愛い乙女
9.ごらん、愛しい人、あの緑の森を(ニ重唱)
10.同情(シンパシー)
11.ああ、あなたこそ私の心の人、ウィリー
12.ああ、お前と運命がひとつなら
13.杯を満たせ、良き友よ(合唱付)
14.ああ、どうして陽気でいられよう
15.ああ、残酷なお父様
16.この忌まわしい世に
17.ああ、メアリー、窓辺に来ておくれ
18.魅惑の人よ、さようなら
19.美しい小船が軽やかに(合唱付)
20.誡実なジョニー
21.ジーニーの悩み
22.ハイランドの監視兵(合唱付)
23.羊飼いの歌
24.今一度、わたしの竪琴よ
25.私達の通りに住むサリーは

ベートーヴェンは、イギリスのジョージ・トムソン出版社からの依頼によって、多くのスコットランド民謡やアイルランド民謡を編曲している。その主な仕事内容は、ピアノ三重奏の伴奏を作曲することであったが、もとの民謡や歌曲を二重唱や三重唱する、独唱に合唱を加えるといったさまざまな編曲もしている。

 

1818年出版のロンドン版に4年遅れとなるが、英語原詩とドイツ語訳の歌詞を併記して、1822年7月にライプツィヒのシュレジンガー社から出版された唯一の作品番号付きドイツ出版である。この曲集は、プロイセンのルイ・フェルディナンド皇太子の妹ルイーゼ皇妃と結婚したリトアニア公国王子アントニー・ヘンリク・ラジヴィル(1775~1833)に献呈されている。1796年にベルリンでベートーヴェンと会った可能性もあるが、これは記録がない。しかし、1814/15年のウィーン会議開催中にラジヴィルがウィーンに滞在しており、親交が始まっていた。

解説: 平野昭

すでに数多くの民謡編曲を紹介してきましたが、今日紹介するのは唯一、作品番号付きでドイツで出版されたものです。ピアノとヴァイオリンとチェロが楽しい民謡を彩ります。

詩は、ウィリアム・スミスやロバート・ジョーンズが書いたもので、第12曲は『チャイルド・ハロルドの巡礼』や『マンフレッド』の作者として知られるジョージ・バイロン卿によるものです。

作品紹介

「25のスコットランド歌曲集」Op.108

作曲年代:1818年まで(ベートーヴェン48歳)

出版:1818年(ロンドン)、1822年(ドイツ)

ONTOMO編集部
ONTOMO編集部

神楽坂を拠点に、取材・編集作業をしています。

ONTOMOの更新情報を1~2週間に1度まとめてお知らせします!

更新情報をSNSでチェック
ページのトップへ