プレイリスト
2020.11.19
おやすみベートーヴェン 第340夜【最後の10年】

「僕のことを想っていて」——作詞もベートーヴェン? 切ない気持ちが伝わる歌曲

生誕250年にあたる2020年、ベートーヴェン研究の第一人者である平野昭さん監修のもと、1日1曲ベートーヴェン作品を作曲年順に紹介する日めくり企画!
仕事終わりや寝る前のひと時に、楽聖ベートーヴェンの成長・進化を感じましょう。

48歳となったベートーヴェン。作品数自体は、これまでのハイペースが嘘のように少なくなります。しかし、そこに並ぶのは各ジャンルの最高峰と呼ばれる作品ばかり。楽聖の「最後の10年」とは、どんなものだったのでしょう。

ONTOMO編集部
ONTOMO編集部

神楽坂を拠点に、取材・編集作業をしています。

監修:平野昭
イラスト:本間ちひろ

この記事をシェアする
Twiter
Facebook

作詞もベートーヴェン? 切ない気持ちが伝わる歌曲 「僕のことを想っていて」

「デゲンケ・マイン! イッヒ・デンケ・ダイン! 僕のことを想っていて! 僕は君のことを想っている!」「ああ、ああ、別れることはつらい、別れるのはつらい、希望だけがつらさを和らげる! ああ、ああ!」

 

悲嘆のため息ばかりのこの詩の作者は不詳とされているが、ほぼ確実にベートーヴェン自身と思われる。1820年夏にウィーン近郊のメードリングで作曲された。

 

アンダンテ・コン・モート、変ホ長調、4分の3拍子。3行の詩。冒頭8小節が繰り返され、何度も同じ言葉が語られ、しみじみと気持ちが伝わってくる。後半8小節も繰り返し歌われ、最後にまたため息!

 

ルドルフ大公のための《ミサ・ソレムニス》作曲中、大公への作曲レッスン用の課題として作られたかもしれない。素朴だけど傑作だ。

解説: 平野昭

ベートーヴェン自身が書いたとされる詩から、彼の内面が切々と伝わってきますね。誰との別れをこんなに惜しんでいるのでしょうか。歌詞と音楽の両方から、このときのベートーヴェンの気持ちを想像してみましょう。

 

作品紹介

「僕のことを想っていて」WoO130

作曲年代:1819年1月14日(ベートーヴェン49歳)

出版:1844年4月

ONTOMO編集部
ONTOMO編集部

神楽坂を拠点に、取材・編集作業をしています。

ONTOMOの更新情報を1~2週間に1度まとめてお知らせします!

更新情報をSNSでチェック
ページのトップへ