「俺のGrill & Bakery」グルメレポ

大手町に「俺のGrill & Bakery」OPEN! 圧倒的コスパでTボーンステーキと音楽の生演奏を楽しめる、東京の新名所登場⁉

レポート
2018.09.06

圧倒的コスパでTボーンステーキと音楽の生演奏が楽しめる! 「俺のGrill&Bakery」が大手町に誕生。8月31日のオープンに先駆けて突撃してきました。よしひろまさみちさんがレポート。

この記事をシェアする
グルメリポーター
よしひろまさみち 映画ライター・編集者
よしひろまさみち
グルメリポーター
よしひろまさみち 映画ライター・編集者
音楽誌、女性誌、情報誌などの編集部を経てフリーに。『sweet』『otona MUSE』で編集・執筆のほか、『SPA!』『oz magazine』など連載多数。日本テ...

「俺の」シリーズ、新展開。もはやライブハウス!

クラシックを生演奏で楽しめるうえに、超コスパな焼き鳥をいただける人気店「俺のやきとり 銀座9丁目店」。当サイトで以前紹介しましたが、もう行かれました?

じつは「俺の」では、この店舗以外にも、食事をしながらライブを楽しめるという趣向のお店がいくつもあります。そのなかでも一番新しく、しかも無茶苦茶ゴージャスな気分に浸れてしまうのが、大手町に8月31日にオープンした「俺のGrill&Bakery」。フル編成ビッグバンドの演奏も楽しめちゃうという贅沢さ!

そこで、グランドオープン前のプレス向けレセプションにお邪魔しました。

ビッグバンドの演奏でお出迎え

まずはレストランの命、お料理。メインはステーキ。それも、俺の株式会社の代表取締役社長・坂本隆さん曰く「近隣の超有名高級ステーキ店で出しているアメリカ・アンガスビーフのTボーンステーキを、3分の1の価格で提供」というコスパ。
だって、フィレとサーロインが1枚になった900gのお肉が3,980円ですよ!
なんすか、この安さは……。安かろう悪かろう、という考えは「俺の」系列店ではありえないことですが、実際このお肉、めちゃくちゃうまい。

おまけに、つけあわせに出るパンは、いまだ行列しないと買えない俺のBakeryの大人気食パン。
Tボーンステーキは基本の味付けとして、つゆだくのバターがかけられていますが、肉汁とミックスしたバターを、そのまま食べてもうまい食パンにつけて食べたら……ううう、肉を完食する前にパンでお腹がふくれるほど大量食いしてしまう! なんすか、このトラップ! マジ止まらん!!

ベーカリーも併設されているので、伝説の食パンは帰りに買って帰れるというのもナイスです。お肉を食べられなかった家族への罪滅ぼし土産にピッタリ。行き届きすぎててヤバイ。

Tボーンステーキ900g(2名)
900℃のオーブンで焼き上げた、フィレとサーロインを1度に楽しめるアンガス牛Tボーンステーキ(写真:オフィシャル提供)
Tボーンステーキを引き立てるメニューの数々(写真:オフィシャル提供)
クリームスピナッチ
ほうれん草のクリーム煮。ステーキハウス定番の付け合わせ(写真:オフィシャル提供)
コブサラダ~オリジナルサウザンドレッシング~
ハリウッド発祥の世界で人気のサラダ(写真:オフィシャル提供)
銀座の食パンのハニートースト
銀座の食パン~香~を使用した、ホイップクリームたっぷりのハニートースト(写真:オフィシャル提供)
銀座の食パン~香~
「俺のBakery」で一番人気(写真:オフィシャル提供)

音楽好きならまず目に入る、Steinway & Sonsを主役としたステージ

さて、気を取り直し。
お店の特徴ですが、他店に比べとてつもなくデカいこと! それもそのはず。ビッグバンドが入っても余裕ありそうなくらいのライブ用のステージ、その後ろには300インチのスクリーンとプロジェクターが備え付けてあるばかりか、天井までの高さはなんと6.8m! ゆるやかに段がついており、ステージかぶりつきから3フロア構成で、席数は138席もあるという。

まるでブルーノートやビルボードライブのようなライブハウス感覚です。なので、「非日常体験をコストパフォーマンス良くお客様に楽しんでいただく」というお店のコンセプトのとおり、お店に入った瞬間に特別な時間が流れ始めます。

そして、ONTOMO読者ならばどうしてもそこに目がいくよね~、と思うのが、ステージ上手にドーンと飾られた「Steinway & Sons」のロゴパネル。
え、なぜ? と思うでしょ。
ふふふ、じつはこのお店には、日本にまだ数台しか存在しないという、スタインウェイのコンサート・グランド・ピアノ最高峰モデル、D-274があるんですよ! これには本当にビックリたまげた。

天井高がありとても開放的な店内。ジャズクラブといった趣き。(写真:オフィシャル提供)
日本に数台しかないスタインウェイD-274。いわゆるフルコンサートピアノで、「274」は奥行き274cmの意を表します。でかい。(写真:編集部)
音響設備も充実している。(写真:オフィシャル提供)

ここまで音響スペースと楽器にこだわったのは、社長の夢だったからだそうで。なんでも「毎日生バンドでグレン・ミラーを聴きながら、ステーキを楽しんでもらいたい。これは飲食をやるならコレ! とずっと考えてきたプラン」とのこと。とはいえ、それをこの規模で実現できちゃうんだから衝撃。

俺の株式会社 坂本孝(代表取締役)
お店はサンケイビルB2Fにあります。

この日は、俺のイタリアン JAZZでもおなじみのジャズ・ピアニスト福井ともみさんが率いるビッグバンドが、グレン・ミラーのスタンダードナンバーから《ムーンライト・セレナーデ》《イン・ザ・ムード》《茶色の小瓶》《アメリカン・パトロール》などを披露してくれました。

が、正直「昼間の発表会なのに、ここまで本気出しちゃっていいのかしら……」と心配になるほどの本格ライブ。ええ、スタインウェイのピアノをかぶりつきでうっとり眺めてしまいましたよ!

本日の演奏は、ジャズ・ピアニスト福井ともみさん率いるMt.Swing Jazz Orchestra
リーダーの福井ともみさん

しかもですよ。ぬわんと、このお店のミュージックチャージは、多店舗のチャージ料金と同額の300円。これで本当にプレイヤーの皆さんも潤うのかしら……と、心底心配してしまうほど。

ちなみに、ライブをがっつり楽しみたい、という方に向けて、ステージかぶりつきの席はペアシートが5卓、中フロアのステージに向かうシートは3名掛けボックスが4つにカウンターが10席あります。ぜひとも予約のうえ楽しんでくださいませ。

あ、9月の予約はオープン前に埋まったそうなので、席はどこでもいいからどうしても早く行きたい! という方は行列覚悟でアタックね。

店舗情報
俺のGrill&Bakery

所在地:東京都千代田区大手町1-7-2 東京サンケイビルB2F
電話番号:03-6262-5146
営業時間:
俺のGrill【ランチ】11:30~15:00(L.O. 14:00)
    【ディナー】17:00~23:00(L.O. 22:00)※日・祝のみ17:00~22:00(L.O. 21:00)
俺のBakery 10:00~21:00
定休日:不定休

ツイートする
シェアする

ONTOMOの更新情報を1~2週間に1度まとめてお知らせします!

更新情報をSNSでチェック
ページのトップへ