角野隼斗

すみの・はやと 角野隼斗

1995年生まれ。2018年、東京大学大学院在学中にピティナピアノコンペティション特級グランプリ、及び文部科学大臣賞、スタインウェイ賞受賞。これをきっかけに、本格的に音楽活動を始める。

2019年、リヨン国際ピアノコンクール第3位。 2017年、ショパン国際コンクール in ASIA大学・一般部門アジア大会にて金賞受賞、その他受賞多数。これまでに国立ブラショフ・フィルハーモニー交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、千葉交響楽団等と共演。2018年9月より半年間、フランス音響音楽研究所(IRCAM)にて音楽情報処理の研究に従事。パリのSalle Cortotを始めとするホールでリサイタルを行った他、ウィーン、ポーランドにてリサイタル出演。2019年6月、ワーナーミュージック・ジャパンより1stデジタルアルバム『Passion』リリース。2019年10月発売、「島本須美 singsジブリ リニューアルピアノバージョン」で全曲ピアノ演奏・編曲を担当。

クラシックで培った技術とアレンジ、即興技術を融合した独自のスタイルが話題を集め、2019年12月に行った全国ツアーでは全公演完売。“Cateen(かてぃん)”名義で活動するYouTubeチャンネルは登録者数が23万人を突破するなど、新時代のピアニストとして注目を集めている。

現在、金子勝子、吉田友昭の各氏に師事。ジャズ理論を宮本貴奈氏に師事。フランス留学中にクレール・テゼール、ジャン=マルク・ルイサダの各氏に師事。

Articles

ONTOMOの更新情報を1~2週間に1度まとめてお知らせします!

更新情報をSNSでチェック
ページのトップへ