読みもの
2020.10.09

生誕250周年のベートーヴェンをTシャツの胸元で愛でませんか?

ONTOMO編集部
ONTOMO編集部

神楽坂を拠点に、取材・編集作業をしています。

この記事をシェアする
Twiter
Facebook

2020年12月に生誕250周年を迎えるルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン。Webマガジン「ONTOMO」でも、年間を通して作曲順にベートーヴェン作品を聴く日めくり連載「おやすみベートーヴェン」や、ベートーヴェンのさまざまな“顔”をとりあげる連載「週刊ベートーヴェンと〇〇」を更新しています。

続きを読む

記事を読むのもいいですが、もっと身近にベートーヴェンを感じたい。そんなときには、イラストレーターの舞木和哉氏によるイラストがユニークな「作曲家のオマージュTシャツ ベートーヴェン」はいかがでしょうか。

S、M、Lのサイズ展開で、色は白と黒の2色をご用意しています。

デザインは3種類。

作曲家のオマージュTシャツ「ベートーヴェンとコーヒー」

まず、コーヒーにこだわりをもっていたとされるベートーヴェンを描いた「ベートーヴェンとコーヒー」。嬉しそうに、きりっとした表情でコーヒーを飲むベートーヴェンが印象的です。

ベートーヴェンとコーヒーのエピソードについて、詳しくは、週刊「ベートーヴェンと〇〇」vol.3「ベートーヴェンとコーヒー」で紹介されています。

作曲家のオマージュTシャツ「ベートーヴェンとワイン」

それから、「ベートーヴェンとワイン」。なぜベートーヴェンが「Pb」という文字を形作ってワインを飲んでいるのでしょうか。ぜひ、週刊「ベートーヴェンと〇〇」vol.8「ベートーヴェンとワイン」を読んでみてください。きっとこのデザインへの愛着も倍増するでしょう。

作曲家のオマージュTシャツ「ベートーヴェンとモーツァルト」

そして、2人の大作曲家が見つめ合う「ベートーヴェンとモーツァルト」。長きにわたって研究者のあいだでも論議されてきた「ベートーヴェンはモーツァルトに会えたのか問題」を題材にしています。

ベートーヴェン研究の第一人者・平野昭さんによる推理は、週刊「ベートーヴェンと〇〇」vol.12「ベートーヴェンとモーツァルト」で読むことができます。

お気に入りのベートーヴェンは見つかりましたか? 今ならまだ、12月16日のベートーヴェン250回目の誕生日に間に合いますよ!

ONTOMOの更新情報を1~2週間に1度まとめてお知らせします!

更新情報をSNSでチェック
ページのトップへ