絵描きの音楽ノート no.01〈4月〉

生活と締め切りに追われて、あたふたしている絵描きが、それでも行ったコンサートのこと

読みもの
2018.04.14

音楽からイメージして楽譜の表紙絵を描くという、本間ちひろさんによる詩とエッセイ。アーティスティックな世界に往ったり、超現実の生活に戻って来たり……揺れ動く日常を綴ります。

絵と詩とエッセイ
本間ちひろ 絵本作家・イラストレーター
本間ちひろ
絵と詩とエッセイ
本間ちひろ 絵本作家・イラストレーター
1978年、神奈川に生まれる。東京学芸大学大学院修了。   2004年、『詩画集いいねこだった』(書肆楽々)で第37回日本児童文学者協会新人賞。  ...

描きたての画用紙
ふうっと吹いて かわかしてくれた
春風さんに
今日はこの曲をかけましょう

 

今、ファ―ブルの伝記絵本の絵を描いている。彼は作詞作曲で蝉やコオロギの歌も作っていたが、『ファ―ブル昆虫記』を読むと、あぁこれはなんと音楽だろう! と思う。

壮大な自然の中、小さな虫たちの営みを観察したファ―ブル。交響曲の五線譜に小さな太鼓の音を書く、作曲家のペンに通じるかもしれない。

蜂の羽音、蟻の足音。それらがあって、世界はめぐる。

 

だからだろうか、絵を描いていたらどうにも音楽が聴きたくなって、武蔵小金井の宮地楽器へ。「春を感じるコンサート~べヒシュタイン編~」午前11時からのさわやかな時間。ピアノを購入する方々のおかげで、2千円で極上のピアノが聴ける。なんと素敵な富の再分配!

ピアニスト内藤晃さんの奏でる《4月にパリで》(C.トレネ作曲/A.ワイセンベルク編曲)に、頭と肩と心が解けて、ファ―ブルの気持ちが、すうっと私に入ったような気がした。考えてもたどり着けないところへ、音楽はやさしく連れて行ってくれる。

 

さあ、メゾピアノのラインで。家に帰って、画用紙に向かうとしよう。

ツイートする
シェアする

Fatal error: Allowed memory size of 67108864 bytes exhausted (tried to allocate 20480 bytes) in /var/www/html/wp/wp-includes/meta.php on line 840