飯田 有抄

ほんま・ちひろ 本間ちひろ

絵本作家・イラストレーター

1978年、神奈川に生まれる。東京学芸大学大学院修了。

2004年、『詩画集いいねこだった』(書肆楽々)で第37回日本児童文学者協会新人賞。

作品には絵本『ねこくん こんやはなにたべる?』『おむすびにんじゃの おいしいごはん』、『おむすびにんじゃの おむすびぽん』(リーブル)、挿絵に『注文の多い料理店』、『どんぐりと山猫』、『セロ弾きのゴーシュ』(にっけん教育出版社)、『ふたりのたからもの』(西村書店)、お手紙文集『ピッピちゃん、こんにちは!』(企画・挿絵で参加 西村書店)、訳書に『ともだちになろう』、『どんなきもち?』(西村書店)などがある。

児童文学や絵本で培ったやわらかな表現方法を活かし、心を絵や詩で表現したり、互いの作品を鑑賞したりすることが、平和にもつながるのではないかとの思いから、大人も子どももいっしょに楽しめる表現ワークショップを行うなど多分野で活動中。

http://www.honmachihiro.com/

Articles

ワインにビールにツィンバロン。チェコフェスでの出会いから音楽や民話へ……これは恋かも?
by 本間ちひろ
本間ちひろ
#絵描きの音楽ノート #スメタナ #チェコ #フェス #食・料理 #酒 #鍵盤楽器 #社会 #アート&デザイン #本
レポート
2018.11.21
絵描きの音楽ノート no.05〈11...
ワインにビールにツィンバロン。チェコフェスでの出会いから音楽や民話...
by 本間ちひろ
本間ちひろ
#絵描きの音楽ノート #スメタナ #チェコ #フェス #食・料理 #酒 #鍵盤楽器 #社会 #アート&デザイン #本

ONTOMOの更新情報を1~2週間に1度まとめてお知らせします!

更新情報をSNSでチェック
ページのトップへ