読みもの
2020.09.02
音大ガイド

武蔵野音楽大学 音楽学部

現在、音楽学部を設置している四年制大学は国内に23校あります。ここでは、それぞれの音楽学部の特色についてご紹介します。

この記事をシェアする
Twiter
Facebook

武蔵野音楽大学音楽学部の特色

わが国で、音楽教育の基盤がまだ弱体であった昭和4年、その普及と向上に強い情熱をもって取り組んだ創立者、福井直秋と、その教育理念に共鳴する多くの協力者、教職員、生徒たちの強い「和」によって本学は創設された。

また、深遠な音楽美の追究と豊かな人格の形成は、相高めあうものであるという創立者の信念から、本学は、「音楽芸術の研鑽」と「人間形成」を創立以来の一貫した教育方針としている。

さらに、この「建学の精神」と「教育方針」に従い、「礼儀(Propriety)」、「清潔(Purity)」、「時間厳守(Punctuality)」の3つを「3P主義」と呼び、すべての大学関係者が平素の生活の規範としている。

毎年多くの著名な外国人音楽家を客員教授として招聘するほか、オペラ、オーケストラ、ウィンドアンサンブル、合唱、各種室内楽など、多くの演奏会を国内各地で行い、研究成果を発表する演奏会を多数開催している。平成30年12月には、ウィンドアンサンブルがアメリカのシカゴで開催される第72回ミッドウェスト・クリニックに出演し、高い評価を得た。

同29年度より、学科の再編・統合により、「演奏学科」と「音楽総合学科」の2学科による教育体制をスタートさせた。2つの学科では、専攻実技や専門分野の科目を充実させることはもちろん、音楽理論や音楽史などの基礎科目の充実、徹底をはかるとともに、学生のさまざまな進路に応じて、専門科目や自由科目を横断的に履修する選択肢を拡げている。(2020年)

ONTOMOの更新情報を1~2週間に1度まとめてお知らせします!

更新情報をSNSでチェック
ページのトップへ