読みもの
2020.09.02
音大ガイド

昭和音楽大学 音楽学部

現在、音楽学部を設置している四年制大学は国内に23校あります。ここでは、それぞれの音楽学部の特色についてご紹介します。

この記事をシェアする
Twiter
Facebook

昭和音楽大学音楽学部の特色

優秀な教授陣による少人数制の教育が本学の特色である。

各コース間の連携による音楽の実践教育を通して演奏家、指揮者、芸術のプロデューサーなどを育成。年間を通じて学内、学外での演奏会を数多く公演している。毎年恒例のオペラ公演は昭和32年に始まり、令和元年には学内の劇場にて大学オペラ「フィガロの結婚」を公演。本学および韓国芸術総合学校、上海音楽学院の大学院生と卒業生がキャストを務めた。大学所有のイタリア研修所での海外研修を実施するなど、国際交流も活発である。

平成29年度から音楽芸術表現学科を設置。新たに「作曲・音楽デザイン」「ピアノミュージッククリエイター」「ウインドシンフォニー」の各コースを新設。さらに令和3年度からは「ピアノ音楽」を新設。15コースがありプロの音楽家や指導者、ミュージシャンを目指し、自らの音楽を追究し、表現する才能を磨く。

また、音楽芸術運営学科では、アートマネジメントコース、舞台スタッフコース、音楽療法コース、ミュージカルコース、バレエコースを設置。加えて平成29年度から音楽教養コースを新設。(2021年)

Pick up 

ONTOMOの更新情報を1~2週間に1度まとめてお知らせします!

更新情報をSNSでチェック
ページのトップへ