イベント
2020.04.24
林田直樹のミニ音楽雑記帳 No.9

4月25日深夜26時、ネトレプコ、カウフマンら豪華スター40名以上が集結!~METの「アット・ホーム・ガラ」

林田直樹
林田直樹 ONTOMOエディトリアル・アドバイザー/音楽ジャーナリスト・評論家

1963年埼玉県生まれ。慶應義塾大学文学部を卒業、音楽之友社で楽譜・書籍・月刊誌「音楽の友」「レコード芸術」の編集を経て独立。オペラ、バレエから現代音楽やクロスオーバ...

この記事をシェアする
Twiter
Facebook

新型コロナウイルスのパンデミックによって、世界中の劇場やコンサートホールがネット配信に少しでも活路を見出そうとしているなか、ニューヨークのメトロポリタン・オペラ(通称MET)が、大規模な行動に打って出た。

続きを読む

40人以上のアーティストが14か国から在宅参加する「アット・ホーム・ガラ」が、日本時間426日(日)午前2(現地時間425日午後1時)より無料ライブストリーミング配信される。

現代を代表する新旧のスター歌手が、これだけ勢ぞろいして自宅から参加するガラ・コンサートは前代未聞である。

いまのオペラ界で、誰が注目すべき歌手なのか、どんなパーソナリティの人々が活躍しているのか、一網打尽にわかる、絶好の機会と言えるだろう。

事前に録音されたネゼ=セガン指揮によるメトロポリタン歌劇場管弦楽団&合唱団の演奏も挿入され、ネゼ=セガンはピアノも弾くとのこと。

出演者の最新リストは以下の通り。は参加場所。

MET「アット・ホーム・ガラ」出演者

ゲスト:

  • イルダール・アブドラザコフ(バス) モスクワ
  • ロベルト・アラーニャ(テノール)&アレクサンドラ・クルジャック(ソプラノ) パリ近郊
  • マルコ・アルミリアート(指揮) ルガーノ
  • ジェイミー・バートン(メゾソプラノ) アトランタ
  • ピョートル・ベチャワ(テノール) ジャブニツァ(ポーランド)
  • エンジェル・ブルー(ソプラノ) ニュージャージー
  • ローレンス・ブラウンリー(テノール) フロリダ
  • ジョゼフ・カレヤ(テノール) マルタ島
  • ハビエル・カマレナ(テノール) チューリヒ
  • ニコール・カー(ソプラノ)&エティエンヌ・デュピュイ(バリトン) パリ
  • デイヴィッド・チャン(メトロポリタン歌劇場管弦楽団コンサートマスター) ニュージャージー
  • アンソニー・ロス・コスタンツォ(カウンターテナー) ニューヨーク
  • ステファン・コステロ(テノール)&ユン・クォン・コステロ ニューヨーク
  • ディアナ・ダムラウ(ソプラノ)&ニコラス・テステ(バス) オランジュ(フランス)
  • マイケル・ファビアーノ(テノール) フロリダ
  • ルネ・フレミング(ソプラノ) ヴァージニア
  • エリーナ・ガランチャ(メゾソプラノ) リガ(ラトビア)
  • ギュンター・グロイスベック(バス) ルガーノ
  • ヨナス・カウフマン(テノール) ミュンヘン
  • クイン・ケルシー(バリトン) トロント
  • イザベル・レナード(メゾソプラノ) ニューヨーク
  • アンブロージョ・マエストリ(バリトン) ルガーノ
  • ペーター・マッティ(バリトン) ストックホルム
  • エリン・モーリー(ソプラノ) コネチカット
  • アンナ・ネトレプコ(ソプラノ)&ヨシフ・エイヴァゾフ(テノール) ウィーン
  • リセッテ・オロペサ(ソプラノ) ルイジアナ
  • ルネ・パーペ(バス) ドレスデン
  • アイリーン・ペレス(ソプラノ)&ソロモン・ハワード(バス) シカゴ
  • マシュー・ポレンザーニ(テノール) ニューヨーク
  • アニタ・ラチヴェリシュヴィリ(メゾソプラノ) トビリシ(ジョージア)
  • ゴルダ・シュルツ(ソプラノ) バイエルン
  • ネイディーン・シエラ(ソプラノ) ヴァレンシア(スペイン)
  • ブリン・ターフェル(バリトン)&ハンナ・ストーン(ハープ) ウェールズ
  • エルザ・ヴァン・デン・ヒーヴァー(ソプラノ) モンペリエ
  • ミヒャエル・フォレ(バリトン) ベルリン
  • ソニア・ヨンチェヴァ(ソプラノ) ジェノヴァ

 

ホスト:

  • ピーター・ゲルブ(メトロポリタン・オペラ総裁) ニューヨーク
  • ヤニック・ネゼ=セガン(メトロポリタン・オペラ音楽監督) モントリオール

METでは、その膨大な年間予算のほとんどを、国や州からの補助ではなく、個人や企業からの寄付によってまかなっている。ある意味、お金集めに関してはもっとも洗練された、成熟した仕組みを作り上げているのがMETである。

今回の「アット・ホーム・ガラ」も、無料配信ながら、支援の呼びかけが積極的におこなわれることだろう。

コロナ危機の時代を、芸術文化団体やアーティストたちが、どう生き抜くかという意味でも、ゲルブ総裁のことだから、何らかのメッセージを発信するのではないだろうか。

日本時間426日(日)午前2時(現地時間425日午後1時)より無料ライブストリーミング配信開始。オンデマンド再生は、日本時間427日午前7時30分まで視聴可能。

林田直樹
林田直樹 ONTOMOエディトリアル・アドバイザー/音楽ジャーナリスト・評論家

1963年埼玉県生まれ。慶應義塾大学文学部を卒業、音楽之友社で楽譜・書籍・月刊誌「音楽の友」「レコード芸術」の編集を経て独立。オペラ、バレエから現代音楽やクロスオーバ...

ONTOMOの更新情報を1~2週間に1度まとめてお知らせします!

更新情報をSNSでチェック
ページのトップへ