プレイリスト
2020.01.18
おやすみベートーヴェン 第34夜【ボンでの少年・青年時代】

「ポンス(パンチ)の歌」——ベートーヴェンお気に入りのお酒で乾杯!

生誕250年にあたる2020年、ベートーヴェン研究の第一人者である平野昭さん監修のもと、1日1曲ベートーヴェン作品を作曲年順に紹介する日めくり企画!
仕事終わりや寝る前のひと時に、楽聖ベートーヴェンの成長・進化を感じましょう。

ONTOMO編集部
ONTOMO編集部

神楽坂を拠点に、取材・編集作業をしています。

監修:平野昭
イラスト:本間ちひろ

この記事をシェアする
Twiter
Facebook

ベートーヴェンお気に入りのお酒で乾杯! 「ポンス(パンチ)の歌」

1791年あるいは92年ころの作曲と推定され、WoO109の《喜びの手もてグラスをあげよ》と同じ時期に作曲されたと思われる。これもウィーンに旅立つベートーヴェンを見送る仲間たちで歌われたのだろう。作詞者不明であるが、ベートーヴェン自身の作詞の可能性が高い。

 

「いったい誰だ? ポンス(パンチ酒)が熱き手から手へと仲間を廻っているというのに、喜びと楽しさを感じない奴は誰だ。そんな奴はさっさと這って消え去れ。我らは飲もう、みんなご機嫌。グラスにポンスが満たされる限り。我らは飲もう、みんなご機嫌。グラスにポンスが満たされる限り。我らは飲もう……(何度も繰り返し)……。」

解説:平野昭

 ポンス(パンチ酒)は、蒸留酒に果汁や砂糖を混ぜたお酒だそうで、ベートーヴェンが愛飲していたとも伝えられています。送別会で自作の歌で盛り上がって、ご機嫌にお酒を飲む若きベートーヴェン。想像してみると、ほほえましいですね。

作品紹介

「ポンス(パンチ)の歌」WoO111

作曲年代:1791/92年?(ベートーヴェン21/22歳?)

出版:1925年

作詞者不詳

ONTOMOの更新情報を1~2週間に1度まとめてお知らせします!

更新情報をSNSでチェック
ページのトップへ