プレイリスト
2019.12.21
おやすみベートーヴェン 第6夜【ボンでの少年・青年時代】

《嬰子に寄せて》——デーリングの詩にのせた愛らしい歌

生誕250年にあたる2020年、ベートーヴェン研究の第一人者である平野昭さん監修のもと、1日1曲ベートーヴェン作品を作曲年順に紹介する日めくり企画!
仕事終わりや寝る前のひと時に、楽聖ベートーヴェンの成長・進化を感じましょう。

ONTOMO編集部
ONTOMO編集部

神楽坂を拠点に、取材・編集作業をしています。

監修:平野昭
イラスト:本間ちひろ

この記事をシェアする
Twiter
Facebook

デーリングの詩にのせた愛らしい歌 《嬰子に寄せて》

ヨハン・フォン・デーリングの詩による有節歌曲。「まだお前にはわからないわ、お前が誰の子か、誰がお前のおむつを替え、誰がお前のお守りをし、誰がお前を暖め、お乳をあげているのか? 何年もしないうちにそれがお母さんだとわかります」。愛らしい前奏と後奏をもち、中間部での転調による美しい変化も聴きどころ。

解説:平野昭

この作品は、『クラヴィーア愛好家のための新しい花束集』第三号に収められ、1784年に出版されました。詩の内容も曲調もとてもかわいらしく、あのベートーヴェンの愛らしい少年時代が思い浮かぶ……かもしれませんね。

作品紹介

嬰子に寄せて》WoO108

作曲年代:1783/4年?(ベートーヴェン13~14歳)

出版:1784年

ONTOMO編集部
ONTOMO編集部

神楽坂を拠点に、取材・編集作業をしています。

ONTOMOの更新情報を1~2週間に1度まとめてお知らせします!

更新情報をSNSでチェック
ページのトップへ