プレイリスト
2020.04.12
おやすみベートーヴェン 第119夜【天才ピアニスト時代】

「ピアノ・ソナタハ長調」――初恋のエレオノーレに贈った“やさしい”作品

生誕250年にあたる2020年、ベートーヴェン研究の第一人者である平野昭さん監修のもと、1日1曲ベートーヴェン作品を作曲年順に紹介する日めくり企画!
仕事終わりや寝る前のひと時に、楽聖ベートーヴェンの成長・進化を感じましょう。

1792年、22歳のベートーヴェンは故郷ボンを離れ、音楽の中心地ウィーンに進出します。【天才ピアニスト時代】では、ピアニストとして活躍したウィーン初期に作曲された作品を紹介します。

ONTOMO編集部
ONTOMO編集部

神楽坂を拠点に、取材・編集作業をしています。

監修:平野昭
イラスト:本間ちひろ

この記事をシェアする
Twiter
Facebook

初恋のエレオノーレに贈った“やさしい”作品「ピアノ・ソナタハ長調」

ボンを離れてウィーンに出たベートーヴェンは、すぐにエレオノーレに2曲の作品をプレゼントしている。ひとつは既にボンにいるころから着手していた《モーツァルトの「フィガロの結婚」から「もし伯爵様が踊るなら」の主題によるヴァイオリンとピアノのための12の変奏曲》WoO40であり、もうひとつはおそらく1749年ころから97年までの間に作曲された《やさしいピアノ・ソナタ、ハ長調》WoO51である。

——平野昭著 作曲家◎人と作品シリーズ『ベートーヴェン』(音楽之友社)22ページより

以前ご紹介したヴァイオリンとピアノのための変奏曲とともに、平野さんがベートーヴェンの初恋の相手だったかもしれないと推測しているフォン・ブロイニング家の長女エレオノーレに献呈されています。

ピアノのテクニックが「やさしい」だけでなく、柔らかく優しい印象のこの曲。やはり、ベートーヴェンがエレオノーレに特別な感情を抱いていたのでは、と考えてしまいますね。

作品紹介

ピアノ・ソナタ ハ長調 WoO51

作曲年代:?1797~98年(ベートーヴェン27〜28歳)

出版:1830年ドゥンスト社

平野昭著 作曲家◎人と作品シリーズ『ベートーヴェン』(音楽之友社)
ONTOMO編集部
ONTOMO編集部

神楽坂を拠点に、取材・編集作業をしています。

ONTOMOの更新情報を1~2週間に1度まとめてお知らせします!

更新情報をSNSでチェック
ページのトップへ