プレイリスト
2020.04.22
おやすみベートーヴェン 第129夜【天才ピアニスト時代】

「交響曲第1番 ハ長調 第1楽章」——ベートーヴェン初の交響曲

生誕250年にあたる2020年、ベートーヴェン研究の第一人者である平野昭さん監修のもと、1日1曲ベートーヴェン作品を作曲年順に紹介する日めくり企画!
仕事終わりや寝る前のひと時に、楽聖ベートーヴェンの成長・進化を感じましょう。

1792年、22歳のベートーヴェンは故郷ボンを離れ、音楽の中心地ウィーンに進出します。【天才ピアニスト時代】では、ピアニストとして活躍したウィーン初期に作曲された作品を紹介します。

ONTOMO編集部
ONTOMO編集部

神楽坂を拠点に、取材・編集作業をしています。

監修:平野昭
イラスト:本間ちひろ
編集協力:水上純奈

この記事をシェアする
Twiter
Facebook

ベートーヴェン初の交響曲「交響曲第1番 ハ長調 第1楽章」

ベートーヴェンの作品の中でも、交響曲は広く親しまれているジャンルの一つではないでしょうか。その最初となる「交響曲第1番 ハ長調 」を、本日から1日1楽章ずつご紹介します。

ベートーヴェンは、師ハイドンがロンドンから帰国した1795年頃から交響曲の創作に向けて始動していた。1795年から96年にかけて未完に終わった「ハ長調交響曲」のための大量のスケッチが残されているが、これとは別に1798年ころにも別の「ハ長調交響曲」のためのスケッチが残されている。これらのスケッチのほんの一部ではあるが、やがて完成される交響曲第一番の終楽章主題の素材に使われるが、作品21となる「ハ長調」交響曲の作曲は心機一転して1799年に集中的に行われた。

——平野昭著 作曲家◎人と作品シリーズ『ベートーヴェン』(音楽之友社)51ページより

現在の第1番となる「ハ長調交響曲」の完成までに、大量のスケッチを書いていたとは驚きですね。たくさんのアイデアを出してやっと完成させた第1番、本日は第1楽章を聴いてみましょう。

作品紹介

「交響曲第1番 ハ長調」Op.21

作曲年代:1799〜1800年3月(ベートーヴェン29歳頃)

初演:1800年4月2日

出版:1801年11月ホフマイスター社(ウィーン)

平野昭著 作曲家◎人と作品シリーズ『ベートーヴェン』(音楽之友社)
ONTOMO編集部
ONTOMO編集部

神楽坂を拠点に、取材・編集作業をしています。

ONTOMOの更新情報を1~2週間に1度まとめてお知らせします!

更新情報をSNSでチェック
ページのトップへ