プレイリスト
2020.07.05
おやすみベートーヴェン 第203夜【作曲家デビュー・傑作の森】

「希望に寄せて」——ベートーヴェンの恋心が乗せられた歌曲

生誕250年にあたる2020年、ベートーヴェン研究の第一人者である平野昭さん監修のもと、1日1曲ベートーヴェン作品を作曲年順に紹介する日めくり企画!
仕事終わりや寝る前のひと時に、楽聖ベートーヴェンの成長・進化を感じましょう。

1800年、30歳になったベートーヴェン。音楽の都ウィーンで着実に大作曲家としての地位を築きます。【作曲家デビュー・傑作の森】では、現代でもお馴染みの名作を連発。作曲家ベートーヴェンの躍進劇に、ご期待ください!

ONTOMO編集部
ONTOMO編集部

神楽坂を拠点に、取材・編集作業をしています。

監修:平野昭
イラスト:本間ちひろ
編集協力:水上純奈

この記事をシェアする
Twiter
Facebook

ベートーヴェンの恋心が乗せられた歌曲「希望に寄せて」

(交響曲《英雄》も初演の加え)1805年の春にベートーヴェンの心を高ぶらせていたもうひとつはヨゼフィーネへの恋心であった。ヨゼフィーネは3月24日に母親に宛てた手紙で「素敵なベートーヴェンが私に愛らしいリートを贈ってくれました。詩集『ウラーニア』から選んだ《希望に寄せて》によるリートを私のために作曲してくれました」と喜びを語っている。

ティートゲはベートーヴェンにとっても重要な歌曲のテキスト作家で、1805年作曲の《希望に寄せて》作品32の話や彼の代表的詩集『ウラーニア』などについて歓談を楽しんでいたが、9月早々に同行していた内縁の妻で女流詩人でもあったエリーザベト・フォン・デア・レッケ(1754〜1833、愛称エリーザ)と共にドレスデンに帰郷してしまった。ベートーヴェン はもう少し交流を深めたかったのか9月6日に手紙を書いている(BB521)。

——平野昭著 作曲家◎人と作品シリーズ『ベートーヴェン』(音楽之友社)25ページより

ベートーヴェンにとって重要な人物であるティートゲ。彼が書いた詩に作曲した「希望に寄せて」は、かつて恋心を抱いていたというヨゼフィーネに贈られています。

その喜びを手紙で母親に伝えたという彼女とは、どんな感情をベートーヴェンに抱いていたのでしょうか。思わず、恋心を想像してしまうような、暖かい作品です。

ヨゼフィーネ・ダイム(旧姓ブルンスヴィク)。未亡人となった1804年から1806年にかけてベートーヴェンは13通のラブレターを書いている。もちろん「不滅の恋人」候補の一人。
クリストフ・アウグスト・ティートゲ(1752-1841)ガルデレーゲンに生まれ、ドレスデンで没したドイツの詩人。シューベルトの歌曲「美しきミンカ」の詩などでも知られる。
作品紹介

「希望に寄せて」Op.32

作曲年代:1805年3月以前

出版:1805年9月

詞:Chr.A.ティートゲ

平野昭著 作曲家◎人と作品シリーズ『ベートーヴェン』(音楽之友社)
ONTOMO編集部
ONTOMO編集部

神楽坂を拠点に、取材・編集作業をしています。

ONTOMOの更新情報を1~2週間に1度まとめてお知らせします!

更新情報をSNSでチェック
ページのトップへ