プレイリスト
2020.07.25
おやすみベートーヴェン 第223夜【作曲家デビュー・傑作の森】

「交響曲第5番 ハ短調《運命》」第2楽章——初演・出版後に修正を申し出ていた?

生誕250年にあたる2020年、ベートーヴェン研究の第一人者である平野昭さん監修のもと、1日1曲ベートーヴェン作品を作曲年順に紹介する日めくり企画!
仕事終わりや寝る前のひと時に、楽聖ベートーヴェンの成長・進化を感じましょう。

1800年、30歳になったベートーヴェン。音楽の都ウィーンで着実に大作曲家としての地位を築きます。【作曲家デビュー・傑作の森】では、現代でもお馴染みの名作を連発。作曲家ベートーヴェンの躍進劇に、ご期待ください!

ONTOMO編集部
ONTOMO編集部

神楽坂を拠点に、取材・編集作業をしています。

監修:平野昭
イラスト:本間ちひろ
編集協力:水上純奈

この記事をシェアする
Twiter
Facebook

初演・出版後に修正を申し出ていた?「交響曲第5番 ハ短調《運命》」第2楽章

一方、ブライトコップフ・ウント・ヘルテル社ともこの時期多くの文通がなされているが、その中でも目を引くのが8月21日に書かれた手紙だ(BB456)。ベートーヴェン書簡の中でも特に長いもののひとつだが、さまざまな作品の出版交渉内容には作品の譲渡価格から献呈社名、印刷表題等々に関する詳細まで言及されているが、もうひとつ重要なことが追伸の形で、楽譜を示して語られている。「次のような間違いをハ短調交響曲の中に見つけました。つまり、第3楽章、4分の3拍子の、ナチュラル記号3つの長調の後で再び短調になってゆくところ(実際に6小節の譜例を手書き)、このバス声部で私が×印で消した2小節が余分でしたので削除されなければなりません。もちろん、全休止の他の全ての声部の2小節も削除です」というものだ。これはすでに1年半近く前の1809年4月に出版されていた交響曲第5番の初版パート譜の誤りについての訂正要求だ(現在の楽譜で言えば、第3楽章の第237小節と238小節の間に2小節分の余分があった、ということで、この訂正は後続版では修正されている)。

——平野昭著 作曲家◎人と作品シリーズ『ベートーヴェン』(音楽之友社)120ページより

ベートーヴェンは、この作品が初演・出版されてから間違いを見つけ、出版社に手紙を書いていたようです。自ら指揮をする中で気づいたことなのでしょうか。

本日は、第2楽章を聴いていただきます。ベートーヴェンが、ハ短調作品の緩徐楽章によく使用する「変イ長調」で書かれています。クライマックスへ向かう熱さがありつつも、穏やかな楽章です。

作品紹介

「交響曲第5番 ハ短調《運命》」Op.67

作曲年代:1807年(ベートーヴェン36歳)

初演:1808年12月22日

出版:1809年4月ブライトコップフ&ヘルテル社(ライプツィヒ)

平野昭著 作曲家◎人と作品シリーズ『ベートーヴェン』(音楽之友社)
ONTOMO編集部
ONTOMO編集部

神楽坂を拠点に、取材・編集作業をしています。

ONTOMOの更新情報を1~2週間に1度まとめてお知らせします!

更新情報をSNSでチェック
ページのトップへ