プレイリスト
2020.08.01
おやすみベートーヴェン 第230夜【作曲家デビュー・傑作の森】

「交響曲第6番 ヘ長調《田園》」第2楽章——ともに名作である《運命》とほぼ同時期に作曲・出版!

生誕250年にあたる2020年、ベートーヴェン研究の第一人者である平野昭さん監修のもと、1日1曲ベートーヴェン作品を作曲年順に紹介する日めくり企画!
仕事終わりや寝る前のひと時に、楽聖ベートーヴェンの成長・進化を感じましょう。

1800年、30歳になったベートーヴェン。音楽の都ウィーンで着実に大作曲家としての地位を築きます。【作曲家デビュー・傑作の森】では、現代でもお馴染みの名作を連発。作曲家ベートーヴェンの躍進劇に、ご期待ください!

ONTOMO編集部
ONTOMO編集部

神楽坂を拠点に、取材・編集作業をしています。

監修:平野昭
イラスト:本間ちひろ
編集協力:水上純奈

この記事をシェアする
Twiter
Facebook

ともに名作である《運命》とほぼ同時期に作曲・出版!「交響曲第6番 ヘ長調《田園》」第2楽章

後世に《運命》と呼ばれるようになるこの曲を完成させるころには、もうひとつの新作交響曲《田園》作品68に着手していた。夏の間は都市の喧騒を避けてハイリゲンシュタットに籠り《田園》に打ち込んでいる。

一方、作品出版では、4月に交響曲第5番「ハ短調」作品67が、5月に交響曲第6番「ヘ長調」《田園》作品68がブライトコップフ・ウント・ヘルテル社から初版刊行されている。

——平野昭著 作曲家◎人と作品シリーズ『ベートーヴェン』(音楽之友社)101、108ページより

先週ご紹介した「交響曲第5番 ハ短調」作品67から期間をあけずに書かれたのが、この「交響曲第6番 へ長調《田園》」作品68です。1809年1月の手紙では、2作品とも出版を依頼しています。そして第5番から順に、1ヶ月違いで出版されました。

今や名作と言える、2つの交響曲作品。第6番《田園》では、第5番《運命》でも行なった、ある試みを取り入れています。それについては明日見てみましょう。

 
作品紹介

「交響曲第6番 へ長調《田園》」Op.68

作曲年代:1807年暮れ〜08年初秋(ベートーヴェン37歳)

初演:1808年12月22日

出版:1809年5月ブライトコップフ&ヘルテル社(ライプツィヒ)

平野昭著 作曲家◎人と作品シリーズ『ベートーヴェン』(音楽之友社)
ONTOMO編集部
ONTOMO編集部

神楽坂を拠点に、取材・編集作業をしています。

ONTOMOの更新情報を1~2週間に1度まとめてお知らせします!

更新情報をSNSでチェック
ページのトップへ