プレイリスト
2020.08.16
おやすみベートーヴェン 第245夜【作曲家デビュー・傑作の森】

「ピアノ・ソナタ第25番 ト長調《カッコウ》」——好きな人へ贈った易しいソナチネ

生誕250年にあたる2020年、ベートーヴェン研究の第一人者である平野昭さん監修のもと、1日1曲ベートーヴェン作品を作曲年順に紹介する日めくり企画!
仕事終わりや寝る前のひと時に、楽聖ベートーヴェンの成長・進化を感じましょう。

1800年、30歳になったベートーヴェン。音楽の都ウィーンで着実に大作曲家としての地位を築きます。【作曲家デビュー・傑作の森】では、現代でもお馴染みの名作を連発。作曲家ベートーヴェンの躍進劇に、ご期待ください!

ONTOMO編集部
ONTOMO編集部

神楽坂を拠点に、取材・編集作業をしています。

監修:平野昭
イラスト:本間ちひろ
編集協力:水上純奈

この記事をシェアする
Twiter
Facebook

好きな人へ贈った易しいソナチネ「ピアノ・ソナタ第25番 ト長調《カッコウ》」

1810年、ベートーヴェンはテレーゼ・フォン・マルファッティ嬢に恋心を抱いていました。本日ご紹介するピアノ・ソナタは、彼女に贈った作品です。

4月に書かれたと思われるグライヒェンシュタインへの手紙、というより使い走りに手渡された伝言メモのようなもの(BB436)に「ここにテレーゼと約束したSがある。しかし、僕は今日は彼女に会えないので、それを君から渡してほしいのだ。みなさんに僕からよろしくと伝えてほしい。僕は彼女たちと一緒にいるときが大変に気分がよいのだ」と書いている。ここにある「S」とはソナタのことであり、おそらく前年夏の短期間に作曲していた《易しいソナチネ》と表記されたピアノ・ソナタ「ト長調」作品79であろう。同じころに作曲されたピアノ・ソナタ「嬰ヘ長調」作品78ではない。「嬰ヘ長調」には《テレーゼ・ソナタ》の愛称があるが、こちらのテレーゼはテレーゼ・フォン・ブルンスヴィク、つまり、ヨゼフィーネの姉のことである。テレーゼ・フォン・マルファッティのピアノ演奏の技量では《カッコウ・ソナタ》の愛称で呼ばれる「ト長調」ソナタ——ベートーヴェンは「ソナチネ・ファチーレ(易しいソナチネ)」と呼んだ——こそテレーゼに約束した「S」に違いない。

——平野昭著 作曲家◎人と作品シリーズ『ベートーヴェン』(音楽之友社)115ページより

ベートーヴェンの親友であるグライヒェンシュタインは、テレーゼ・フォン・マルファッティの妹と交際していました。彼がきっかけとなってテレーゼと出会うことになったのです。

手紙の内容や、「易しいソナチネ」と呼んでいた作品を贈ったことから、ベートーヴェンの彼女を想う心の内が窺えますね。

ちなみに今日のテレーゼは、昨日ご紹介したピアノ・ソナタ第24番 嬰ヘ長調《テレーゼ》の献呈者テレーゼ・フォン・ブルンスヴィックとは別人です。

作品紹介

「ピアノ・ソナタ第25番 ト長調《カッコウ》」Op.79

作曲年代:1809年(ベートーヴェン38歳)

出版:1810年11月ブライトコップフ&ヘルテル社

平野昭著 作曲家◎人と作品シリーズ『ベートーヴェン』(音楽之友社)
ONTOMO編集部
ONTOMO編集部

神楽坂を拠点に、取材・編集作業をしています。

ONTOMOの更新情報を1~2週間に1度まとめてお知らせします!

更新情報をSNSでチェック
ページのトップへ