プレイリスト
2020.08.25
おやすみベートーヴェン 第254夜【作曲家デビュー・傑作の森】

「恋する男」——苦悩と歓喜が混ざり合う、心の震えを歌う

生誕250年にあたる2020年、ベートーヴェン研究の第一人者である平野昭さん監修のもと、1日1曲ベートーヴェン作品を作曲年順に紹介する日めくり企画!
仕事終わりや寝る前のひと時に、楽聖ベートーヴェンの成長・進化を感じましょう。

1800年、30歳になったベートーヴェン。音楽の都ウィーンで着実に大作曲家としての地位を築きます。【作曲家デビュー・傑作の森】では、現代でもお馴染みの名作を連発。作曲家ベートーヴェンの躍進劇に、ご期待ください!

ONTOMO編集部
ONTOMO編集部

神楽坂を拠点に、取材・編集作業をしています。

監修:平野昭
イラスト:本間ちひろ

この記事をシェアする
Twiter
Facebook

苦悩と歓喜が混ざり合う、心の震えを歌う「恋する男」

1809年作曲のライシッヒ歌曲の1曲。この年に作曲されたライシッヒの詩による歌曲のうち3曲(WoO137~139 )は1810年7月にアルタリア社から出版された『18のドイツ歌曲集』に収められている。

大変に情熱的で、激しい感情表現の見事な作品。「なんという不可思議な日々なのだ、苦悩と歓喜が混ざり合う、体験したことのない心の震えが今、僕の胸中を支配している」いろいろ悩みを告白しながら、最後は「僕の胸は彼女に向けて熱い鼓動を打ち続けている、永遠に。でも、彼女は感じとらない、僕の心がこの目を通して語っていることを」と嘆く。

6節の詩を2節ずつつなげ、3節の有節歌曲として作曲。「激情的な動きをもって」とドイツ語の指示がある。

解説: 平野昭

集中的に作曲されたライシッヒの詩による歌曲。ラストを飾るのは、ベートーヴェンの熱い想いがほとばしる、ストレートなタイトルの作品です。

作品紹介

「恋する男」WoO139

作曲年代:1809年(ベートーヴェン38歳)

出版:1810年 7月

ONTOMO編集部
ONTOMO編集部

神楽坂を拠点に、取材・編集作業をしています。

ONTOMOの更新情報を1~2週間に1度まとめてお知らせします!

更新情報をSNSでチェック
ページのトップへ