プレイリスト
2020.08.29
おやすみベートーヴェン 第258夜【作曲家デビュー・傑作の森】

《軍楽のための行進曲》ハ長調——テンポの速い「帰営ラッパ」!

生誕250年にあたる2020年、ベートーヴェン研究の第一人者である平野昭さん監修のもと、1日1曲ベートーヴェン作品を作曲年順に紹介する日めくり企画!
仕事終わりや寝る前のひと時に、楽聖ベートーヴェンの成長・進化を感じましょう。

1800年、30歳になったベートーヴェン。音楽の都ウィーンで着実に大作曲家としての地位を築きます。【作曲家デビュー・傑作の森】では、現代でもお馴染みの名作を連発。作曲家ベートーヴェンの躍進劇に、ご期待ください!

ONTOMO編集部
ONTOMO編集部

神楽坂を拠点に、取材・編集作業をしています。

監修:平野昭
イラスト:本間ちひろ

この記事をシェアする
Twiter
Facebook

テンポの速い「帰営ラッパ」! 《軍楽のための行進曲》ハ長調

ドイツ語で《ツァップフェンシュトライヒZapfenstreich 》(帰営ラッパ)と呼ばれている3曲の行進曲が1809年と10年に書かれている。

 

WoO18の第1番が1809年3月にトリオ部なしで作曲されている。WoO19の第3番は、1810年8月の作曲であるが、この第2番もおそらく1810年の夏のバーデン滞在中の作曲と思われる。

 

ヴィヴァーチェ・アッサイという速いテンポのハ長調の行進曲で、付点リズムの音形を特徴とする。第74小節以降(第100小節まで)のトリオ部はヘ長調でやや穏やかになる。ダ・カーポで主部に戻る。

解説: 平野昭

吹奏楽による軽快な作品が続きます。Zapfenstreichとはもともと「飲料の樽の注ぎ口(Zapfen)に栓をする(streich)」という意味で、1日の終わりを告げるために演奏される音楽です。

作品紹介

《軍楽のための行進曲》ハ長調WoO20

作曲年代:1810年?(ベートーヴェン40歳?)

出版:1888年(旧全集版)

ONTOMO編集部
ONTOMO編集部

神楽坂を拠点に、取材・編集作業をしています。

ONTOMOの更新情報を1~2週間に1度まとめてお知らせします!

更新情報をSNSでチェック
ページのトップへ