プレイリスト
2020.09.30
おやすみベートーヴェン 第290夜【不滅の恋人との別れ】

「ポロネーズ ハ長調」——ウィーン会議の最中、ロシア皇妃への誕生日プレゼント

生誕250年にあたる2020年、ベートーヴェン研究の第一人者である平野昭さん監修のもと、1日1曲ベートーヴェン作品を作曲年順に紹介する日めくり企画!
仕事終わりや寝る前のひと時に、楽聖ベートーヴェンの成長・進化を感じましょう。

ウィーン会議、ナポレオンの没落......激動のウィーンで43歳になったベートーヴェン。「不滅の恋人」との別れを経て、スランプ期と言われる時期を迎えますが、実態はどうだったのでしょう。

ONTOMO編集部
ONTOMO編集部

神楽坂を拠点に、取材・編集作業をしています。

監修:平野昭
イラスト:本間ちひろ

この記事をシェアする
Twiter
Facebook

ウィーン会議の最中、ロシア皇妃への誕生日プレゼント「ポロネーズ ハ長調」

1814年のウィーンは各国からの公人を招いた「ウィーン会議」に湧いていました。この祝典気分は1815年の春まで続き、大小さまざまなレセプション、舞踏会が開かれました。

1月25日にはバーデン公女であったロシア皇妃エリーザベト・アレクセーイェヴナ(1779-1826)の誕生パーティが王宮で開かれ、騎士の間での演奏会にベートーヴェンも招かれた。年末に仕上げていたピアノ独奏のための《ポロネーズ》作品89をベートーヴェンはこの数日前にロシア皇妃に献呈していたのである。

——平野昭著 作曲家◎人と作品シリーズ『ベートーヴェン』(音楽之友社)148ページより

この誕生日パーティではベートーヴェンのほかの作品も披露され、来賓の王侯貴族からの喝采を浴びたそうです。皇妃への贈り物にふさわしい、華やかなピアノ曲をどうぞ。

 

エリーザベト・アレクセーイェヴナ(ロシア語でエリザヴェータ・アレクセーエヴナとも)
バーデン辺境伯女ルイーゼ・マリー・アウグステ・フォン・バーデンとして生まれ、ロマノフ朝第10代ロシア皇帝アレクサンドル1世に嫁いだ。
作品紹介

「ポロネーズ ハ長調」

作曲年代:1814年(ベートーヴェン44歳)

出版:1815年

平野昭著 作曲家◎人と作品シリーズ『ベートーヴェン』(音楽之友社)
ONTOMO編集部
ONTOMO編集部

神楽坂を拠点に、取材・編集作業をしています。

ONTOMOの更新情報を1~2週間に1度まとめてお知らせします!

更新情報をSNSでチェック
ページのトップへ