プレイリスト
2020.10.20
おやすみベートーヴェン 第310夜【不滅の恋人との別れ】

「2つのカノン」——故郷へ帰る友人に贈られた謎カノン《沈黙》と三声カノン《雄弁》

生誕250年にあたる2020年、ベートーヴェン研究の第一人者である平野昭さん監修のもと、1日1曲ベートーヴェン作品を作曲年順に紹介する日めくり企画!
仕事終わりや寝る前のひと時に、楽聖ベートーヴェンの成長・進化を感じましょう。

ウィーン会議、ナポレオンの没落......激動のウィーンで43歳になったベートーヴェン。「不滅の恋人」との別れを経て、スランプ期と言われる時期を迎えますが、実態はどうだったのでしょう。

ONTOMO編集部
ONTOMO編集部

神楽坂を拠点に、取材・編集作業をしています。

監修:平野昭
イラスト:本間ちひろ

この記事をシェアする
Twiter
Facebook

故郷へ帰る友人に贈られた謎カノン《沈黙》と三声カノン《雄弁》 「2つのカノン」

また、この年(1816年)はベートーヴェンの周囲にいた親しい友人たちが相次いでウィーンを離れるという残念なことも重なっている。ロンドンに帰国するというニートのために「2つのカノン」WoO168を1月24日にプレゼントしている。謎カノン《沈黙》と三声カノン《雄弁》がそれだ。

——平野昭著 作曲家◎人と作品シリーズ『ベートーヴェン』(音楽之友社)152ページより

このカノンが贈られたニート・チャールズ(1784〜1877年)は、ロンドン出身のピアニスト、作曲家。1815〜16年にウィーンを訪れ、ベートーヴェンと親交を深めました。

ベートーヴェンが作曲したカノンについては、「ベートーヴェンと冗談」で紹介しています。

また、カノンの種類について詳しくは、「カノン:語源はギリシア語の「葦」。バッハがルールに則って作曲した5種類!」を読んでみてください。

作品紹介

「2つのカノン」WoO168

作曲年代:1816年(ベートーヴェン46歳)

謎カノン《沈黙》と三声カノン《雄弁》の2曲。

平野昭著 作曲家◎人と作品シリーズ『ベートーヴェン』(音楽之友社)

ONTOMOの更新情報を1~2週間に1度まとめてお知らせします!

更新情報をSNSでチェック
ページのトップへ