飯田 有抄

あらい・おーこ 新井鷗子

クラシックコンサート構成作家

東京都出身。東京藝術大学楽理科および作曲科卒業。クラシックコンサート、テレビの音楽番組の構成・監修を手がける。

 

1998年NHK音楽教育番組「わがままオーケストラ」の構成で国際エミー賞入選。これまでに「読響シンフォニック・ライブ」(日本テレビ)、「題名のない音楽会」(テレビ朝日)、「東急ジルベスターコンサート」(テレビ東京)等の構成を担当。

 

著書に『おはなしクラシック①②③』(アルテスパブリッシング)、『頭のいい子が育つ クラシックの名曲45選』『頭のいい子が育つ クラシックの名曲 世界に羽ばたく音楽の旅』(新星出版社)、『携帯で聴けるクラシックの名旋律』(実業之日本社)、『ひとさし指のノクターン』(ヤマハミュージックメディア)等。

 

東京藝術大学社会連携センター特任教授、洗足学園音楽大学客員教授。
「横浜音祭り2013」音楽監督。「横浜音祭り2016」総合ディレクター。

 

クラシック音楽関連書の執筆、オペラやミュージカルの脚本、講師活動、テレビ・ラジオ出演など多岐に渡って活動している。

Articles

大衆に音楽を伝える仕事——クラシックコンサート構成作家の新井鷗子さん
by 新井鷗子
新井鷗子
#飯田有抄と、音楽でつながる仕事人たち。 #東京藝術大学 #教育 #アート&デザイン #テクノロジー&サイエンス #社会 #子ども
インタビュー
2017.07.15
飯田有抄の音楽でつながる仕事人たち。...
大衆に音楽を伝える仕事——クラシックコンサート構成作家の新井鷗子さ...
by 新井鷗子
新井鷗子
#飯田有抄と、音楽でつながる仕事人たち。 #東京藝術大学 #教育 #アート&デザイン #テクノロジー&サイエンス #社会 #子ども

ONTOMOの更新情報を1~2週間に1度まとめてお知らせします!

更新情報をSNSでチェック
ページのトップへ