読みもの
2021.01.12
大井駿の「楽語にまつわるエトセトラ」その35

シンフォニー:交響曲でおなじみの楽語。語源はギリシャ語で「一緒に鳴っている音」!

大井駿
大井駿 指揮者・ピアニスト・古楽器奏者

1993年生まれ、東京都出身。 パリ地方音楽院、ザルツブルク・モーツァルテウム大学ピアノ科・指揮科卒。 同大学院、ミュンヘン国立音楽演劇大学でピアノ、指揮、古楽の3科...

ベートーヴェン「交響曲第3番《英雄》」自筆譜表紙。現在でもイタリア語で交響曲のことを「シンフォニア」と呼ぶため、こちらのイタリア語で書かれた表紙にも「Sinfonia grande」と書かれている。

この記事をシェアする
Twiter
Facebook

オーケストラの演奏会に行くと、ほぼ必ずと言っていいほど演奏されるシンフォニー。日本語では交響曲と呼ばれます。

シンフォニーは、オーケストラのために書かれた合奏曲が多くを占めていますが、語源からもその内容がわかります。

続きを読む

語源はギリシア語で、「一緒に/共に」という意味のシン(σύν/synと、「(鳴っている)音」という意味のフォーネー(φωνή/phōnēがくっついた言葉で、直訳すると「一緒に鳴っている音」という意味になります。

この2つの言葉は、実はみなさんの日常生活でも耳にすることがあります。シンパシーという言葉は、「シン(共に)」と「パシー(感情)」がくっついて「共感」という意味です。電話を意味するテレフォンは、「テレ(遠く)」と「フォン(音)」がくっついて、遠くでも音が聞こえるもの、すなわちテレフォンを表しています。

シンフォニーはもともと、イタリア語読みでシンフォニア、ラテン語読みでシンフォニーエと呼ばれていました。意味としては同じなのですが、使われ方に少し違いがあるので、その変遷をたどりながら違いを見ていきましょう。

シンフォニア(シンフォニーエ)と名付けられた曲は、G.ガブリエーリ(1554?〜1612)が最初に用いたとされており、それからしばらくは、歌劇の序曲や、単体の多声的な音楽として作曲されました。

G.ガブリエーリ:《サクレ・シンフォニーエ》〜カンツォーナ第2番

G.ガブリエーリ《サクレ・シンフォニーエ》表紙

18世紀に入り、イタリアの作曲家J.B.サンマルティーニ(1700?〜1775)が、いくつかの楽章を持つ合奏曲を単体で作曲し、シンフォニアと名付けました。サンマルティーニは、イギリスで活躍したJ.C.バッハ(J.S.バッハの息子)やモーツァルトと関わりを持ち、多くの作曲家が彼の影響を受けました。

そこで、複数の楽章を持つシンフォニアは、モーツァルトやハイドンをはじめとするウィーン古典派の作曲家がこぞって作曲するようになり、この形式を持つ合奏曲を「シンフォニー(ジンフォニー)」と区別するようになりました。イタリア語では、今でも交響曲のことをシンフォニアと呼びます。

サンマルティーニの交響曲集のタイトル紙(自筆)

シンフォニーを聴いてみよう

1. サンマルティーニ:交響曲 イ長調 J-C.65 〜第1楽章
2. J.C.バッハ:交響曲 ト短調 作品6-6 〜第1楽章
3. W.A.モーツァルト:交響曲第40番 ト短調 KV550 〜第1楽章
4. ベートーヴェン:交響曲第5番 ハ短調 作品67 《運命》〜第1楽章
5. ベルリオーズ:《幻想交響曲》作品14 〜第5楽章「魔女の夜宴の夢」
6. ショスタコーヴィチ:交響曲第5番 ニ短調 作品47〜第4楽章

大井駿
大井駿 指揮者・ピアニスト・古楽器奏者

1993年生まれ、東京都出身。 パリ地方音楽院、ザルツブルク・モーツァルテウム大学ピアノ科・指揮科卒。 同大学院、ミュンヘン国立音楽演劇大学でピアノ、指揮、古楽の3科...

ONTOMOの更新情報を1~2週間に1度まとめてお知らせします!

更新情報をSNSでチェック
ページのトップへ