おやすみベートーヴェン 第57夜【天才ピアニスト時代】

「おお、いとしき森よ」——オペラ台本作家メタスタージオの『オリンピアーデ』から作曲

プレイリスト
2020.02.10

生誕250年にあたる2020年、ベートーヴェン研究の第一人者である平野昭さん監修のもと、1日1曲ベートーヴェン作品を作曲年順に紹介する日めくり企画!
仕事終わりや寝る前のひと時に、楽聖ベートーヴェンの成長・進化を感じましょう。

1792年、22歳のベートーヴェンは故郷ボンを離れ、音楽の中心地ウィーンに進出します。【天才ピアニスト時代】では、ピアニストとして活躍したウィーン初期に作曲された作品を紹介します。

この記事をシェアする
監修:平野昭
イラスト:本間ちひろ
ONTOMO編集部
ONTOMO編集部
ONTOMO編集部
神楽坂を拠点に、取材・編集作業をしています。

オペラ台本作家メタスタージオの『オリンピアーデ』から作曲 「おお、いとしき森よ」

多くのオペラ・セリアの(18世紀に流行したイタリア語オペラ)台本を書いたメタスタージオ(1698~1782)による、イタリア語の歌曲。メタスタージオの音楽劇『オリンピアーデ』(1733)の第1幕第4場で王女と羊飼いが歌う場面の歌詞を使っている。1794年あるいは95年前半までに作曲されたもの。

 

おお、いとしき森よ、幸いなる自由よ!ここで喜びを味わう者に裏切りはない。だが喜びをさらに甘美なものにするには、競う愛と忠誠が欠かせない」という短い1節が、ダ・カーポ・アリアのようにA-B-Aの三部形式で歌われる。

解説:平野昭

 

『オリンピアーデ』は、古代ギリシアのオリンピックを舞台にしたラブ・ストーリーだそう。ヴィヴァルディやドニゼッティなど、多くの作曲家がオペラにしています。

ヴィヴァルディ《オリンピアーデ》より

作品紹介

「おお、いとしき森よ」WoO119

作曲年代:1794/95年(ベートーヴェン24/25歳)

出版:1888年

作詞:ピエトロ・メタスタージオ

ツイートする
シェアする

ONTOMOの更新情報を1~2週間に1度まとめてお知らせします!

更新情報をSNSでチェック
ページのトップへ