プレイリスト
2020.03.04
おやすみベートーヴェン 第80夜【天才ピアニスト時代】

「弦楽五重奏曲 変ホ長調」——ボン時代の作品を、ハイドン師匠から学んだ洗練された表現に

生誕250年にあたる2020年、ベートーヴェン研究の第一人者である平野昭さん監修のもと、1日1曲ベートーヴェン作品を作曲年順に紹介する日めくり企画!
仕事終わりや寝る前のひと時に、楽聖ベートーヴェンの成長・進化を感じましょう。

1792年、22歳のベートーヴェンは故郷ボンを離れ、音楽の中心地ウィーンに進出します。【天才ピアニスト時代】では、ピアニストとして活躍したウィーン初期に作曲された作品を紹介します。

ONTOMO編集部
ONTOMO編集部

神楽坂を拠点に、取材・編集作業をしています。

監修:平野昭
イラスト:本間ちひろ

この記事をシェアする
Twiter
Facebook

ボン時代の作品を、ハイドン師匠から学んだ洗練された表現に 「弦楽五重奏曲 変ホ長調」

ボン時代の最後の時期、1792年夏以降に作曲し、1793年にウィーンで改訂したハルモニー編成の八重奏曲 変ホ長調《パルティア》Op.103(初版は1830年)を、1795年にヴァイオリン2、ヴィオラ2とチェロのための弦楽五重奏曲に改作したもの。

 

自作の編曲と呼ばれることがあるが、音楽的な内容は原曲のもつ野外で演奏するセレナーデ風、あるいはディヴェルティメント風な風情はなく、師ハイドンから学び取った盛期古典派様式の室内楽として、洗練された表現に仕立て直されているので、改作と言ってよい。

解説:平野昭

ボン時代に作曲した八重奏曲 変ホ長調《パルティア》Op.103に、ハイドン師匠からの学びを早速取り入れたベートーヴェン。ぜひビフォーアフターを聴き比べてみてください。

 

作品紹介

「弦楽五重奏曲 変ホ長調」Op.4

作曲年代:1795年改作(ベートーヴェン25歳)

出版:1796年

構成:

【第1楽章】アレグロ・コン・ブリオ

【第2楽章】変ロ長調のアンダンテ

【第3楽章】メヌエット

【第4楽章】急速なプレストのロンド・フィナーレ

ONTOMO編集部
ONTOMO編集部

神楽坂を拠点に、取材・編集作業をしています。

ONTOMOの更新情報を1~2週間に1度まとめてお知らせします!

更新情報をSNSでチェック
ページのトップへ