プレイリスト
2020.09.25
おやすみベートーヴェン 第285夜【不滅の恋人との別れ】

《声高な嘆き》——きじ鳩の鳴き声で想い出すつらい別れ

生誕250年にあたる2020年、ベートーヴェン研究の第一人者である平野昭さん監修のもと、1日1曲ベートーヴェン作品を作曲年順に紹介する日めくり企画!
仕事終わりや寝る前のひと時に、楽聖ベートーヴェンの成長・進化を感じましょう。

ウィーン会議、ナポレオンの没落......激動のウィーンで43歳になったベートーヴェン。「不滅の恋人」との別れを経て、スランプ期と言われる時期を迎えますが、実態はどうだったのでしょう。

ONTOMO編集部
ONTOMO編集部

神楽坂を拠点に、取材・編集作業をしています。

監修:平野昭
イラスト:本間ちひろ

この記事をシェアする
Twiter
Facebook

きじ鳩の鳴き声で想い出すつらい別れ《声高な嘆き》

J.G.ヘルダーの詩によるこの作品は、1814年あるいは15年の作曲。アンダンテ・ソステヌート、ハ短調、全30小節。

「きじ鳩よ、お前はそんなに声高な嘆きで、この哀れな者の唯一の慰めである眠り、すべてを忘れることのできる甘い眠りを奪ってしまうのか。きじ鳩よ、私もお前と同じように嘆き悲しんでいるのだけど、それを隠しているのだ、この傷ついた心の奥に、閉ざされた胸の中に。ああ、冷たく分け隔てられた愛よ! お前には声高な嘆きをなぐさめとして与え、私には声なき心痛を与えたのだ」

2小節目の第1拍「声高に(laut ラウト)」の言葉が、この曲の最高音(ファ)。この音に、きじ鳩の鳴き声を思わせる装飾音がある。

解説:平野昭

同じヘルダーの詩による《ナイチンゲールの歌》には、その名の通りナイチンゲール(夜鳴きうぐいす)が登場しましたが、こちらはきじ鳩。ヨーロッパに生息するのは、日本のキジバトではなく類縁種のコキジバト。実際の鳴き声も聴いてみましょう。

作品紹介

《声高な嘆き》WoO135

作曲年代:1814/15年(ベートーヴェン44/45歳)

出版:1837年4月

ONTOMO編集部
ONTOMO編集部

神楽坂を拠点に、取材・編集作業をしています。

ONTOMOの更新情報を1~2週間に1度まとめてお知らせします!

更新情報をSNSでチェック
ページのトップへ