プレイリスト
2020.10.19
おやすみベートーヴェン 第309夜【不滅の恋人との別れ】

「憧れ」——希望に呼びかける、ライシッヒの詩による歌曲

生誕250年にあたる2020年、ベートーヴェン研究の第一人者である平野昭さん監修のもと、1日1曲ベートーヴェン作品を作曲年順に紹介する日めくり企画!
仕事終わりや寝る前のひと時に、楽聖ベートーヴェンの成長・進化を感じましょう。

ウィーン会議、ナポレオンの没落......激動のウィーンで43歳になったベートーヴェン。「不滅の恋人」との別れを経て、スランプ期と言われる時期を迎えますが、実態はどうだったのでしょう。

ONTOMO編集部
ONTOMO編集部

神楽坂を拠点に、取材・編集作業をしています。

監修:平野昭
イラスト:本間ちひろ

この記事をシェアする
Twiter
Facebook

希望に呼びかける、ライシッヒの詩による歌曲「憧れ」

1815年暮れか16年はじめの、クリスティアン・ルートヴィヒ・ライシッヒ(1784~1847)の詩に作曲。6節の詩による通作歌曲なのだが、全34小節中で、ほぼ12小節毎に伴奏音形がガラッと変わる、変奏的な趣があり、詩の気分の変化を感じさせる。

 

ホ長調、4分の3拍子、感情をこめて、でも、遅くなりすぎないように。「静かな夜が、涼しい谷や空を闇で包む。愛の星は、優しく揺らめく湖の波間に輝く。自然の歌い手たちは小枝で黙し、神秘の沈黙が花咲く野に安らいでいる」。そして、最後には「優美な人、私の愛する人、どれほど憧れていることか、詩型を見せてくれ、私に微笑みかけてくれ、希望よ」と結ぶ。

解説: 平野昭

「はるか遠くからの歌」をはじめ、ベートーヴェンがかなりの数を曲付けしたライシッヒの詩。この「憧れ」が、ベートーヴェン最後のライシッヒによる歌曲です。短いながらも、工夫が凝らされた作品です。

作品紹介

憧れ WoO146

作曲年代: 1815年末/16年初頭(ベートーヴェン45歳)

出版:1816年6月

ONTOMO編集部
ONTOMO編集部

神楽坂を拠点に、取材・編集作業をしています。

ONTOMOの更新情報を1~2週間に1度まとめてお知らせします!

更新情報をSNSでチェック
ページのトップへ