プレイリスト
2020.11.08
おやすみベートーヴェン 第329夜【最後の10年】

「6つの民謡主題と変奏曲」——ピアノ、フルート、ヴァイオリンで演奏可能な民謡編曲の副産物

生誕250年にあたる2020年、ベートーヴェン研究の第一人者である平野昭さん監修のもと、1日1曲ベートーヴェン作品を作曲年順に紹介する日めくり企画!
仕事終わりや寝る前のひと時に、楽聖ベートーヴェンの成長・進化を感じましょう。

48歳となったベートーヴェン。作品数自体は、これまでのハイペースが嘘のように少なくなります。しかし、そこに並ぶのは各ジャンルの最高峰と呼ばれる作品ばかり。楽聖の「最後の10年」とは、どんなものだったのでしょう。

ONTOMO編集部
ONTOMO編集部

神楽坂を拠点に、取材・編集作業をしています。

監修:平野昭
イラスト:本間ちひろ

この記事をシェアする
Twiter
Facebook

ピアノ、フルート、ヴァイオリンで演奏可能な民謡編曲の副産物 「6つの民謡主題と変奏曲」

イギリスの出版社G.トムソンからの依頼による民謡編曲の副産物とも言えるが、これは器楽曲であり、室内楽曲でもある。イギリス出版とドイツ出版では主題の典拠に違いがあり、楽器編成にも違いがある。しかし、すべてベートーヴェンが作曲したものであり、演奏形態は任意(アド・リビトゥム)と考えてよい。つまり、ピアノ独奏、あるいはピアノとヴァイオリン、あるいはピアノとフルートという編成だ。

 

成立時期は恐らく1818年頃と推定されている。

 

第1番(Op.105-1、以下同様)「ウェールズ民謡〈田舎娘〉による主題と3つの変奏」ト長調

 

第2番「ウェールズ民謡〈シェンキンは高貴な家の出身〉による主題と3つの変奏」ハ短調

 

第3番「J.B.ヘンネベルクのジングシュピール〈商店主〉から〈小鉢と小鍋〉の主題と6つの変奏」ハ長調

 

第4番「アイルランド民謡〈悲しく不幸な季節(日本名:庭の千草)〉の主題と3つの変奏」変ホ長調

 

第5番「アイルランド民謡〈琥珀の酒を注げ〉の主題と3つの変奏」変ホ長調

 

第6番「アイルランド民謡〈イングランドのほら(もっともらしいが不合理の言葉)〉の主題と4つの変奏」ニ長調

解説: 平野昭

今回は、フルートとピアノによる音源を紹介しています。第4番は「夏の名残のバラ」というタイトルでも親しまれている、もっとも有名なアイルランド民謡のひとつです。

作品紹介

「6つの民謡主題と変奏曲」Op.105

作曲年代:1818/19年(ベートーヴェン48/49歳)

出版:1819年5月(vn.版も同時出版)

ONTOMO編集部
ONTOMO編集部

神楽坂を拠点に、取材・編集作業をしています。

ONTOMOの更新情報を1~2週間に1度まとめてお知らせします!

更新情報をSNSでチェック
ページのトップへ