プレイリスト
2020.11.27
おやすみベートーヴェン 第348夜【最後の10年】

祝典劇《献堂式》合唱——ソプラノ独唱と混声四部合唱、オーケストラによる華やかな作品で劇場の完成をお祝い

生誕250年にあたる2020年、ベートーヴェン研究の第一人者である平野昭さん監修のもと、1日1曲ベートーヴェン作品を作曲年順に紹介する日めくり企画!
仕事終わりや寝る前のひと時に、楽聖ベートーヴェンの成長・進化を感じましょう。

48歳となったベートーヴェン。作品数自体は、これまでのハイペースが嘘のように少なくなります。しかし、そこに並ぶのは各ジャンルの最高峰と呼ばれる作品ばかり。楽聖の「最後の10年」とは、どんなものだったのでしょう。

ONTOMO編集部
ONTOMO編集部

神楽坂を拠点に、取材・編集作業をしています。

監修:平野昭
イラスト:本間ちひろ

この記事をシェアする
Twiter
Facebook

ソプラノ独唱と混声四部合唱、オーケストラによる華やかな作品で劇場の完成をお祝い 祝典劇《献堂式》合唱

祝典劇《アテネの廃墟》のための行進曲と合唱」と「祝典劇《献堂式》序曲」に続き、ヨーゼフシュタット劇場リニューアル・オープンの杮落とし公演のために準備された作品です。

このヨーゼフシュタット劇場のオーケストラ・コンサートマスターにアマチュアにしては腕達者なヴァイオリン奏者アントン・シンドラー(1795〜1864)がいた。

 

シンドラーはチェコのオルミュッツ近郊メードルの生まれで、地元で学校教師と教会の合唱長を務める父親からヴァイオリンの手ほどきを受け、18歳まではオルミュッツで一般教育を受けた。その後ウィーン大学で法学や哲学を修めたかなりの自信家であった。ウィーンでは、さまざまな演奏会の場で音楽ファンとしてベートーヴェンと短い会話をしたことはあったようだが、親密な関係になったのはこのヨーゼフシュタット劇場の杮落とし公演以降のことであった。後年、シンドラーは『ベートーヴェン伝』を書いている。

——平野昭著 作曲家◎人と作品シリーズ『ベートーヴェン』(音楽之友社)177、178ページより

ソプラノ独唱と混声四部合唱、オーケストラによる作品です。杮落とし公演ではアントン・シンドラーがコンサートマスターを務めました。1分20秒からは、美麗なヴァイオリン・ソロがソプラノ独唱と掛け合う見せ場があります。シンドラーはどのように演奏したのでしょうか。

アントン・シンドラー(1795〜1864年)
ヨーゼフシュタット劇場
作品紹介

祝典劇《献堂式》合唱WoO98

作曲年代:1822年9月下旬(ベートーヴェン52歳)

出版:1888年

平野昭著 作曲家◎人と作品シリーズ『ベートーヴェン』(音楽之友社)
ONTOMO編集部
ONTOMO編集部

神楽坂を拠点に、取材・編集作業をしています。

ONTOMOの更新情報を1~2週間に1度まとめてお知らせします!

更新情報をSNSでチェック
ページのトップへ