プレイリスト
2020.11.29
おやすみベートーヴェン 第350夜【最後の10年】

「交響曲第9番ニ短調《合唱付き》」第1楽章——始まりは愛弟子の依頼から

生誕250年にあたる2020年、ベートーヴェン研究の第一人者である平野昭さん監修のもと、1日1曲ベートーヴェン作品を作曲年順に紹介する日めくり企画!
仕事終わりや寝る前のひと時に、楽聖ベートーヴェンの成長・進化を感じましょう。

48歳となったベートーヴェン。作品数自体は、これまでのハイペースが嘘のように少なくなります。しかし、そこに並ぶのは各ジャンルの最高峰と呼ばれる作品ばかり。楽聖の「最後の10年」とは、どんなものだったのでしょう。

ONTOMO編集部
ONTOMO編集部

神楽坂を拠点に、取材・編集作業をしています。

監修:平野昭
イラスト:本間ちひろ

この記事をシェアする
Twiter
Facebook

始まりは愛弟子の依頼から「交響曲第9番ニ短調《合唱付き》」第1楽章

ついにベートーヴェン最後の交響曲、通称「第九」を4日間にわたってご紹介します。

完成から遡ること5年前の1818年に、ベートーヴェンは「ニ短調の交響曲」(「第九」の原型)のスケッチに着手しています。それは、ロンドンのフィルハーモニー 協会の依頼による「2曲の新しい交響曲」ためのものだと思われますが、この時は結局、実現はしませんでした。

そして4年後の1822年に、ロンドンから再度、手紙が届きます。

ロンドン側はベートーヴェンの新作交響曲を諦めていたわけではなかったのである。11月のロンドン側からの依頼は「新しい交響曲1曲に50ポンド」という条件であったが、ベートーヴェンは12月10日付で了承の返事を送っている。

——平野昭著 作曲家◎人と作品シリーズ『ベートーヴェン』(音楽之友社)179ページより

この依頼をしたのは、ロンドンにいた同郷の愛弟子フェルディナント・リースでした。

「フィルハーモニック協会のための大きな交響曲を二曲書いてほしい」——1817年に行った依頼は、当時スランプ状態にあった師に新たなる創作のエネルギーを与えていた。弟子からの願いに触発されたベートーヴェンは、遅々としたペースではあったものの新作の交響曲の作曲を進めていた。そして弟子の新作『シラーの詩「あきらめ」による幻想曲』が出版された1823年、ベートーヴェンは、いつの日にか用いたいと青年時代から考えていたシラーのもう一編の詩「歓喜に寄す」を、この交響曲の終楽章に合唱として取り入れる決断をした。

——かげはら史帆『ベートーヴェンの愛弟子:フェルディナント・リースの数奇なる運命』(春秋社/2020年)142,143ページ

こうしてベートーヴェンは第8番以来、10年ぶりの交響曲創作に打ち込むことになります。

ちなみに、リースが作曲した幻想曲のテーマとなったシラーの詩「あきらめ」は、1786年刊行のシラーの自主雑誌『ターリア』第2巻に掲載されています。この雑誌には「歓喜に寄す」も掲載されています。

最初の交響曲の依頼をしたやりとりの中で、ベートーヴェンは1816年、愛弟子リースに「作品を献呈してくれた、私もお返しする」旨の手紙を送り、リースは自作2作品を献呈していました。

1823年5月初頭のフェルディナント宛の手紙に、見落とせない一文がある。

「新作の交響曲は、きみに献呈することになるだろう」

新作の交響曲とは『交響曲第9番 ニ短調』のことだ。最終的にこの作品の献呈先は、プロイセン王フリードリヒ・ヴィルヘルム三世に変更され、弟子に献呈されることも、ロンドンで初演されることもなかった。だが約束された「お返し」は、交響曲の完成によって間接的に実現された。

——かげはら史帆『ベートーヴェンの愛弟子:フェルディナント・リースの数奇なる運命』(春秋社/2020年)144,145ページ

作曲の依頼、お返し、同じ雑誌から取られた2つの詩……。最後の交響曲の創作には、愛弟子リースが大いに関わっていたようです。

フェルディナント・リース作曲: シラーの詩「あきらめ」による幻想曲

作品紹介

交響曲第9番ニ短調《合唱付き》

作曲年代:1818年、22~24年2月(ベートーヴェン48歳、51〜53歳)

出版:1826年8月ショット社(マインツ、パリ、アントワープ)

平野昭著 作曲家◎人と作品シリーズ『ベートーヴェン』(音楽之友社)
ONTOMO編集部
ONTOMO編集部

神楽坂を拠点に、取材・編集作業をしています。

ONTOMOの更新情報を1~2週間に1度まとめてお知らせします!

更新情報をSNSでチェック
ページのトップへ