飯田 有抄

ゆかわ・れいこ 湯川れい子

音楽評論家、作詞家、ラジオDJ

日本作詩家協会顧問、日本音楽療法学会理事。

東京都目黒で生まれ、山形県米沢で育つ。

昭和35年、ジャズ専門誌 『スウィング・ジャーナル』 への投稿が認められ、ジャズ評論家としてデビュー。その後、17年間に渡って続いた 『全米TOP40』 (旧ラジオ関東・現ラジオ日本)を始めとするラジオのDJ、また、早くからエルビス・プレスリーやビートルズを日本に広めるなど、独自の視点によるポップスの評論・解説を手がけ、世に国内外の音楽シーンを紹介し続け、今に至る。

また、作詞家としては、代表的なヒット曲に 『涙の太陽』、『ランナウェイ』、『ハリケーン』、『センチメンタル・ジャーニー』、『ロング・バージョン』、『六本木心中』、『あゝ無情』、『恋におちて』などがあり、「FNS歌謡祭音楽大賞最優秀作詞賞」、「JASRAC賞」、「オリコン トップディスク賞作詞賞」など、各レコード会社のプラチナ・ディスク、ゴールド・ディスクを数多く受賞。またディズニー映画「美女と野獣」「アラジン」「ポカホンタス」「ターザン」などの日本語詞も手がけている。

著書には『エルヴィスがすべて』(ブロンズ社)、『湯川れい子の幸福へのパラダイム』(海竜社)、『幸福への共(シンク)時性(ロニシティ)―もっと豊かにもっと健康に生きるための26章』(海竜社)、『幸福への旅立ち(マハーサマーディ)―人生を完璧なものにするための20章』(海竜社)、『湯川れい子の今夜もひとりかい』(共同通信社)等があり、2004年10月には、聖路加国際病院名誉院長・理事長の日野原重明氏と共に、音楽が持つ根源的な力を医学、精神、芸術等さまざまな角度から分析し、わかりやすく解いた初の対論集 『音楽力』 (海竜社)が発売され、既に9版目に入っている。

また、2005年12月には、音楽評論家生活45年、作詞家生活40年を記念して、『湯川れい子のロック50年』(株式会社シンコーミュージック・エンタテインメント)が出版された。

近年は、平和、健康、教育、音楽療法などボランティア活動に関するイベントや講演も多い。

2016年1月に80歳を迎え、音楽評論55年・作詞家50年を記念し史上初! コンピレーションCD「音楽を愛して、音楽に愛されて」洋楽セレクション(発売:ユニバーサルミュージック合同会社)・邦楽作詞コレクション(発売:ビクターエンタテインメント)2タイトルが発売された。また同タイトルで音楽との軌跡をたどる1冊として、Special Issue 湯川れい子80th記念ムック本が、ぴあより発売された。2018年は「新版 幸福へのパラダイム」、「音楽は愛」、「女ですもの泣きはしない」が発売されている。

公式サイト: http://www.rainbow-network.com/

Articles

ONTOMOの更新情報を1~2週間に1度まとめてお知らせします!

更新情報をSNSでチェック
ページのトップへ