おやすみベートーヴェン 第55夜【天才ピアニスト時代】

《時は長く》——ルソーと切なく歌う「時はなんと長いのか、遠く君から離れていると」

プレイリスト
2020.02.08

生誕250年にあたる2020年、ベートーヴェン研究の第一人者である平野昭さん監修のもと、1日1曲ベートーヴェン作品を作曲年順に紹介する日めくり企画!
仕事終わりや寝る前のひと時に、楽聖ベートーヴェンの成長・進化を感じましょう。

1792年、22歳のベートーヴェンは故郷ボンを離れ、音楽の中心地ウィーンに進出します。【天才ピアニスト時代】では、ピアニストとして活躍したウィーン初期に作曲された作品を紹介します。

この記事をシェアする
監修:平野昭
イラスト:本間ちひろ
ONTOMO編集部
ONTOMO編集部
ONTOMO編集部
神楽坂を拠点に、取材・編集作業をしています。

ルソーと切なく歌う「時はなんと長いのか、遠く君から離れていると」 《時は長く》

ジャン=ジャク・ルソーによるフランス語の詞に、1793年の前半に作曲したもの。2稿残されるが、いずれも一部未完。

 

時はなんと長いのか、遠く君から離れていると。自然のすべてが空しく思える。緑に繁る林さえ、君がそこにいないなら、僕には全く魅力ないところ、僕が魅かれることはない。君の声を聴けば、高鳴る僕の胸、君が話しかけてくれるなら、君の手が僕に触れるなら、僕の体は震えてしまうだろう

解説:平野昭

『エミール』や『社会契約論』で知られるルソー、こんなに切ない詩を書いていたんですね。フランス語にベートーヴェンが作曲しているレアな作品です。

作品紹介

《時は長く》WoO116

作曲年代:1793年春(ベートーヴェン23歳)

出版:1902年

ツイートする
シェアする

ONTOMOの更新情報を1~2週間に1度まとめてお知らせします!

更新情報をSNSでチェック
ページのトップへ