プレイリスト
2019.12.28
おやすみベートーヴェン 第13夜【ボンでの少年・青年時代】

《プードルの死に寄せる悲歌》——愛犬の死を悲しむ詩をベートーヴェンの音楽が見事に表現

生誕250年にあたる2020年、ベートーヴェン研究の第一人者である平野昭さん監修のもと、1日1曲ベートーヴェン作品を作曲年順に紹介する日めくり企画!
仕事終わりや寝る前のひと時に、楽聖ベートーヴェンの成長・進化を感じましょう。

ONTOMO編集部
ONTOMO編集部

神楽坂を拠点に、取材・編集作業をしています。

監修:平野昭
イラスト:本間ちひろ

この記事をシェアする
Twiter
Facebook

愛犬の死を悲しむ詩をベートーヴェンの音楽が見事に表現 《プードルの死に寄せる悲歌》

作詞者不詳の全7節の有節歌曲(詩の節をそれぞれ同じ旋律にのせる形式。この曲は7番まで同じ旋律で歌われるということ)。マエストーソ(威厳をもって)の4分の2拍子、へ短調で第6節まで歌われ、第7節でヘ長調の明るいアンダンテ・マ・ノン・トロッポになる。

「誰だっていずれ死ぬのだ、人生の喜びの多くが萎えるのだ。昼の暑さに倒れる前に死神がそれを刈り取る、僕の喜びであったお前も。お前のために涙を流す、でも嘆き過ぎるのはよそう。僕の想い出の中でお前は生き続ける」

解説:平野昭

ベートーヴェンとプードル、なんだか意外な組み合わせですね。歌詞を読みながら、飼い主の気持ちに寄り添ったベートーヴェンの音楽を楽しみましょう。

作品紹介

《プードルの死に寄せる悲歌》WoO110

作曲年代:1787年?94/95年?(ベートーヴェン17歳?24/25歳?)

出版:1888年

ONTOMO編集部
ONTOMO編集部

神楽坂を拠点に、取材・編集作業をしています。

ONTOMOの更新情報を1~2週間に1度まとめてお知らせします!

更新情報をSNSでチェック
ページのトップへ