おやすみベートーヴェン 第29夜【ボンでの少年・青年時代】

8つの歌曲(リート)第6曲「愛」——若き劇作家レッシングとベートーヴェンのコラボレーション

プレイリスト
2020.01.13

生誕250年にあたる2020年、ベートーヴェン研究の第一人者である平野昭さん監修のもと、1日1曲ベートーヴェン作品を作曲年順に紹介する日めくり企画!
仕事終わりや寝る前のひと時に、楽聖ベートーヴェンの成長・進化を感じましょう。

この記事をシェアする
監修:平野昭
イラスト:本間ちひろ
ONTOMO編集部
ONTOMO編集部
ONTOMO編集部
神楽坂を拠点に、取材・編集作業をしています。

若き劇作家レッシングとベートーヴェンのコラボレーション 8つの歌曲(リート)第6曲「愛」

さまざまな詩人による、ほらふき話、恋のときめき、厭世、死への憧憬、戯言、謙虚といった人生の機微について歌った8曲からなる。

 

その第6曲は、18世紀啓蒙主義時代の劇作家として知られるゴットホルト・エフライム・レッシング(1729~81年)の若い時代の詩に付曲されている。

 

3節の詩は「愛なしで生きれるものなら生きてみろ、それは人間ではあっても男じゃない。甘美な愛よ、俺の人生を心地よいものにしてくれ、激しい欲求を静めてくれ!恋焦がれさせるのは美人の務め、永遠に恋焦がさせるのはやめてくれ」と男の勝手な思いが歌われる。

 

ベートーヴェンの曲はわずか13小節、ヘ長調、4分の2拍子の8小節で歌われ、残る5小節は後奏だ。これが3回繰り返される有節歌曲。

解説:平野昭

おとといの第1曲「ウリアンの世界旅行」に続き、第4曲をお届けします。レッシングの若い頃の作品に、若きベートーヴェンが曲を付けただけあって、若々しさが感じられそうですね。

作品紹介

8つの歌曲(リート)第6曲「愛」Op.52

作曲年代:1790年頃(ベートーヴェン20歳頃)

ツイートする
シェアする

ONTOMOの更新情報を1~2週間に1度まとめてお知らせします!

更新情報をSNSでチェック
ページのトップへ