プレイリスト
2020.05.06
おやすみベートーヴェン 第143夜【作曲家デビュー・傑作の森】

「ピアノ協奏曲第1番ハ長調」――作曲家としての意識が強く芽生えた意欲作

生誕250年にあたる2020年、ベートーヴェン研究の第一人者である平野昭さん監修のもと、1日1曲ベートーヴェン作品を作曲年順に紹介する日めくり企画!
仕事終わりや寝る前のひと時に、楽聖ベートーヴェンの成長・進化を感じましょう。

1800年、30歳になったベートーヴェン。音楽の都ウィーンで着実に大作曲家としての地位を築きます。【作曲家デビュー・傑作の森】では、現代でもお馴染みの名作を連発。作曲家ベートーヴェンの躍進劇に、ご期待ください!

ONTOMO編集部
ONTOMO編集部

神楽坂を拠点に、取材・編集作業をしています。

監修:平野昭
イラスト:本間ちひろ

この記事をシェアする
Twiter
Facebook

作曲家としての意識が強く芽生えた意欲作「ピアノ協奏曲第1番ハ長調」

ピアノ協奏曲第2番 op.19でお伝えしたように、作曲順でいうと、今日の第1番 op.15があとの作品です。第2番は改訂を重ねたために出版が遅れてしまいました。

30代に入ったベートーヴェンは、順調に作曲・出版を重ねていきます。

小山 ピアニスト、ベートーヴェンが、作曲家として変貌し、作曲家としての地位を確立してゆく感じが伝わってきます。

 

平野 そうですね。ピアノ協奏曲の2作品(Op19、Op15)が出版された頃には「交響曲第1番」Op21や「弦楽四重奏曲第1〜6番」Op18を書いていますし、彼自身、作曲家としての意識が強く芽生えてきていたはずです。

——小山実稚恵、平野昭著『ベートーヴェンとピアノ「傑作の森」への道のり』(音楽之友社)86、87ページより

作品がもつ堂々とした雰囲気や、革新性などは当時から認められていたようです。

ベートーヴェンらしさが表れたこの作品は、「作曲家=ベートーヴェン」としての歩みを大きく進めた1曲と言えるだろう。実際に、他の作曲家にも影響を及ぼすようになっていた。ベートーヴェンのOp15が出版された9年後、1810年に出版されたフリードリヒ・クーラウ(1786-1832)の「ピアノ協奏曲」Op7(ハ長調)が、あまりにもベートーヴェンのOp15と酷似している。

 

平野 リズムを少し変えたりしているくらいで、調の配置も同じですし、これは「パクリ」と言われれてもおかしくないほど似ていますね(笑)。ネットで探してみてください。

——小山実稚恵、平野昭著『ベートーヴェンとピアノ「傑作の森」への道のり』(音楽之友社)86ページより

木管とピアノのための五重奏で、モーツァルトの「パクリ」をしていたベートーヴェン。遂にパクられる側になりました! クーラウの作品とも聴き比べてみましょう。

作品紹介

「ピアノ協奏曲第1番ハ長調」Op.15

作曲年代:1793~1800年12月(ベートーヴェン23歳〜30歳)

出版:1801年モロ社(ウィーン)

小山実稚恵、平野昭著 『ベートーヴェンとピアノ「傑作の森」への道のり』(音楽之友社)
ONTOMO編集部
ONTOMO編集部

神楽坂を拠点に、取材・編集作業をしています。

ONTOMOの更新情報を1~2週間に1度まとめてお知らせします!

更新情報をSNSでチェック
ページのトップへ