プレイリスト
2020.05.10
おやすみベートーヴェン 第147夜【作曲家デビュー・傑作の森】

「ヴァイオリン・ソナタ第5番へ長調《春》」——まるで交響曲!「作曲家」ベートーヴェンが生み出した傑作

生誕250年にあたる2020年、ベートーヴェン研究の第一人者である平野昭さん監修のもと、1日1曲ベートーヴェン作品を作曲年順に紹介する日めくり企画!
仕事終わりや寝る前のひと時に、楽聖ベートーヴェンの成長・進化を感じましょう。

1800年、30歳になったベートーヴェン。音楽の都ウィーンで着実に大作曲家としての地位を築きます。【作曲家デビュー・傑作の森】では、現代でもお馴染みの名作を連発。作曲家ベートーヴェンの躍進劇に、ご期待ください!

ONTOMO編集部
ONTOMO編集部

神楽坂を拠点に、取材・編集作業をしています。

監修:平野昭
イラスト:本間ちひろ

この記事をシェアする
Twiter
Facebook

まるで交響曲!「作曲家」ベートーヴェンが生み出した傑作 「ヴァイオリン・ソナタ第5番へ長調《春》」

小山 これまではピアノが先に旋律を奏してそれにヴァイオリンが追従していくスタイルでしたが、この曲はヴァイオリンが最初に旋律を弾き、ピアノは伴奏にまわっているのです。タイトルは「ピアノとヴァイオリンのためのソナタ」となっていますし、当時の慣例としてはピアノにヴァイオリンのオブリガート、という形式がメインだったわけですが、ベートーヴェンはヴァイオリンとピアノを完全に対等な関係として作曲してしまった。それにしても《春》は「第4番」に比べて和音がとても多くなっていますよね。低音の効果も高く、オクターヴのユニゾン等々、オーケストラのトゥッティを思わせる部分がたくさんあるような気がするのですが。

 

平野 オーケストラ的、という点は楽章の配置にも表れています。《春》は、初めての4楽章構成のヴァイオリン・ソナタなのです。「急—緩—スケルツォ—急」と、完全に交響曲や弦楽四重奏に見られる楽章構成になっています。

——小山実稚恵、平野昭著『ベートーヴェンとピアノ「傑作の森」への道のり』(音楽之友社)106ページより

形式も和音の響きも、まるで交響曲のようなこの作品。さらにベートーヴェンは、ヴァイオリンとピアノの関係性を対等にしたことによって、ヴァイオリン・ソナタの歴史も塗り替えてしまいました。ピアニストから作曲家への変化を如実に感じさせる作品です。

作品紹介

「ヴァイオリン・ソナタ第5番へ長調《春》」Op.24

作曲年代:1800〜1801年(ベートーヴェン30〜31歳)

出版:1801年10月

小山実稚恵、平野昭著 『ベートーヴェンとピアノ「傑作の森」への道のり』(音楽之友社)
ONTOMO編集部
ONTOMO編集部

神楽坂を拠点に、取材・編集作業をしています。

ONTOMOの更新情報を1~2週間に1度まとめてお知らせします!

更新情報をSNSでチェック
ページのトップへ