プレイリスト
2020.06.12
おやすみベートーヴェン 第180夜【作曲家デビュー・傑作の森】

「(自作主題による)6つの変奏曲」——ベートーヴェン初の自作主題による変奏作品

生誕250年にあたる2020年、ベートーヴェン研究の第一人者である平野昭さん監修のもと、1日1曲ベートーヴェン作品を作曲年順に紹介する日めくり企画!
仕事終わりや寝る前のひと時に、楽聖ベートーヴェンの成長・進化を感じましょう。

1800年、30歳になったベートーヴェン。音楽の都ウィーンで着実に大作曲家としての地位を築きます。【作曲家デビュー・傑作の森】では、現代でもお馴染みの名作を連発。作曲家ベートーヴェンの躍進劇に、ご期待ください!

ONTOMO編集部
ONTOMO編集部

神楽坂を拠点に、取材・編集作業をしています。

監修:平野昭
イラスト:本間ちひろ
編集協力:水上純奈

この記事をシェアする
Twiter
Facebook

ベートーヴェン初の自作主題による変奏作品「(自作主題による)6つの変奏曲」

ベートーヴェンに弟子入りする生徒が絶えなかった1797年頃、伯爵令嬢アンナ・ルイーゼ・バルバラ(1780頃〜1813)という少女にピアノを教えていました。

彼女は1801年にプレスブルクでインノチェンス・デルバ・オデスカルキ侯爵(1778〜1831)と結婚している。1802年に作曲され、翌年に出版される重要作《自作主題による6つの変奏曲》作品34の被献呈者名はオデスカルキ侯爵夫人バルバラとなっている。

——平野昭著 作曲家◎人と作品シリーズ『ベートーヴェン』(音楽之友社)58ページより

彼女はアマチュアながらも演奏技術が高かったそうです。この曲のほかにも、「ピアノ協奏曲第1番ハ長調」Op.15「ピアノ・ソナタ第4番変ホ長調」Op.7も彼女に献呈されています。ベートーヴェン自身が作った主題で書かれた変奏曲は、この作品が初めてです。落ち着きがあり、可愛らしい主題と、いろいろな性格の変奏をお楽しみください。

作品紹介

「(自作主題による)6つの変奏曲」Op.34

作曲年代:1802年(ベートーヴェン31歳頃)

出版:1803年4月

アンナ・ルイーゼ・オデスカルキに献呈

平野昭著 作曲家◎人と作品シリーズ『ベートーヴェン』(音楽之友社)
ONTOMO編集部
ONTOMO編集部

神楽坂を拠点に、取材・編集作業をしています。

ONTOMOの更新情報を1~2週間に1度まとめてお知らせします!

更新情報をSNSでチェック
ページのトップへ