プレイリスト
2020.09.11
おやすみベートーヴェン 第271夜【作曲家デビュー・傑作の森】

《20のアイルランド歌曲集》——避暑地バーデンで集中的に民謡編曲!

生誕250年にあたる2020年、ベートーヴェン研究の第一人者である平野昭さん監修のもと、1日1曲ベートーヴェン作品を作曲年順に紹介する日めくり企画!
仕事終わりや寝る前のひと時に、楽聖ベートーヴェンの成長・進化を感じましょう。

1800年、30歳になったベートーヴェン。音楽の都ウィーンで着実に大作曲家としての地位を築きます。【作曲家デビュー・傑作の森】では、現代でもお馴染みの名作を連発。作曲家ベートーヴェンの躍進劇に、ご期待ください!

ONTOMO編集部
ONTOMO編集部

神楽坂を拠点に、取材・編集作業をしています。

監修:平野昭
イラスト:本間ちひろ

この記事をシェアする
Twiter
Facebook

避暑地バーデンで集中的に民謡編曲! 《20のアイルランド歌曲集》

20のアイルランド歌曲集

1.たそがれの光が消えるとき(ニ重唱)

2.あの人の貧しい店からは

3.イギリスの軽騎兵隊

4.老人らは諭す、若さもやがては萎えるのだと

5.私は夢を見た、花咲く野に横たわり(ニ重唱)

6.悲しく不幸な季節(庭の千草)(夏の名残のバラ)

7.ああ、慰めておくれ、竪琴よ

8.さようなら、大きな喜びよ(合唱付)

9.愛しい乙女よ、その唇がのこしたキスは

10.ああ、不幸な兵士よ(ニ重唱)

11.故郷を遠く離れて

12.昔の歌で聖なる方を讃えます

13.最後の陽の光

14.パデイ・オラッファーテイー

15.むなしく、栄えるものはなく

16.ああ、パトリックさえ愛せたら

17.おいで、愛しいダービー、安心して

18.私のメアリー、もう名声などいらない

19.愛するジュデイ、絶枇の美女よ

20.船が出るわ、愛しいヘンリー

第239夜《26のウェールズ歌曲集》で紹介したように、ベートーヴェンはジョージ・トムスンの依頼によって、民謡編曲に取り組んでいました。元スコットランド官吏のトムスンは、1790年ころから30年間にわたってイギリス各地の民謡を収集し、その旋律集を出版していました。

エグモント》上演などもあって、(1810年に)ベートーヴェンはいつもの年より遅い7月末になってから夏の滞在地バーデンに出かけ、10月半ばまでこの地で過ごしている。その間、前年来の依頼で会った民謡編曲をまとめ上げ、エディンバラのトムスンに送ることなどにかなり時間を費やしたようだ。前年9月25日にトムスンから送られてきた43曲、年明けの2月10日に送られてきた10曲の計53曲にもなるさまざまなイギリス民謡(アイルランド、スコットランド民謡)にピアノ三重奏の伴奏をつけた編曲譜をエディンバラに郵送している。

——平野昭著 作曲家◎人と作品シリーズ『ベートーヴェン』(音楽之友社)120ページより

第6曲は、日本でも「庭の千草」や「夏のなごりのバラ」として親しまれているアイルランド民謡です。メンデルスゾーンによるピアノ独奏曲《「夏の名残のバラ」による幻想曲》、ハインリヒ・ヴィルヘルム・エルンストによる《無伴奏ヴァイオリンのための6つの練習曲》の第6番《「夏の名残のバラ」による変奏曲》など、多くの作曲家が編曲しています。

作品紹介

《20のアイルランド歌曲集》歌曲集WoO153

作曲年代:1809~13年(ベートーヴェン 39〜43歳)

出版:1814年(4曲まで)、1816年(5~20曲)

平野昭著 作曲家◎人と作品シリーズ『ベートーヴェン』(音楽之友社)
ONTOMO編集部
ONTOMO編集部

神楽坂を拠点に、取材・編集作業をしています。

ONTOMOの更新情報を1~2週間に1度まとめてお知らせします!

更新情報をSNSでチェック
ページのトップへ