読みもの
2021.09.14
大井駿の「楽語にまつわるエトセトラ」その64

ジーグ:語源ははしゃぐ? ヴァイオリン? よく組曲の最後を飾るイギリス発祥の舞曲

大井駿
大井駿 指揮者・ピアニスト・古楽器奏者

1993年生まれ、東京都出身。 パリ地方音楽院、ザルツブルク・モーツァルテウム大学ピアノ科・指揮科卒。 同大学院、ミュンヘン国立音楽演劇大学でピアノ、指揮、古楽の3科...

アイルランドの古いジーグ(ローレンス出版のポストカード、1903年?)

この記事をシェアする
Twiter
Facebook

18世紀までに多くの作曲家が取り上げたジーグ。組曲やパルティータなど、複数の踊りによって構成される曲集の中でも、最後を飾る踊りです。

続きを読む

組曲は、スタンダードな舞曲として、アルマンド(ドイツ起源かフランス起源か不明)、クーラント(フランスとイタリア起源)、サラバンド(スペイン起源)など、さまざまな国やバックグラウンドをもつ踊りで構成されています。

これらの舞曲の中で、最後に演奏されるジーグは、スコットランドやアイルランドをはじめとする、イギリス起源だと言われています。

そんなジーグの語源ですが、これまたいくつかの説があります。一つは、中期フランス語で、はしゃぐを意味するgiguerからきた説。

もう一つは、中世に中南部で話されていた古高ドイツ語で、ヴァイオリン(主にフィドル・ヴァイオリン)を意味するgīgaからきた説。こちらの言葉は、現在のドイツ語でもヴァイオリンを意味するGeigeに派生し、いまだに使われています。

ちなみに、この「ジーグ(gigue)」という呼び名は、フランス語および英語での名称です。

ジーグに関する古い記録は、15世紀まで遡ります。イギリスではjig、もしくはgiggと書かれ、おちゃらけた喜劇などで頻繁に演奏されました。かつ即興的で飛び跳ねるような音楽をもつジーグは、イギリスで人気となり、イタリアやフランスの宮廷の踊りとして普及しました。

バード:ジッグ(フィッツウィリアム・バージナル・ブックより)

イタリアやフランスへ入ってきたジーグですが、それぞれ別々に発展していきました。

イタリアのジーグ(イタリア語でジガ/giga)は、どのように入ってきたのかは未だ不明ですが、イギリスのジーグと似ており、とどめなく音を紡ぎ続けます。

ヴィヴァルディ:ヴァイオリンソナタ RV36-3〜第3楽章 ジガ

そして、フランスのジーグですが、17世紀にイギリスの王宮でリュート奏者をしていたジャック・ゴーティエがフランスへ帰国した際に広めたとされています。イタリアのものとは違い、フレーズのまとまりがはっきりしており、符点のリズムが特徴的です。

ラモー:英雄的牧歌劇《ザイス》〜第2幕より「ジーグ」

バッハ:ゴルドベルク変奏曲 BWV988〜第7変奏

テンポ表示にはイタリア語で“Giga”と書いてありますが、この変奏は符点が特徴的なフランス式のジーグで書かれています。

19世紀以降、ジーグが踊られることはなくなりましたが、生き生きとした曲想が人気を保ち続けたため、その後も曲集の最後などに用いられました。それぞれ特徴の違うジーグですが、これでみなさんもそれぞれどの様式で書かれているかが、きっとわかるはずです!

ジーグを聴いてみよう

1. バッハ:無伴奏チェロ組曲第5番 ハ短調 BWV1011〜第6曲 ジーグ(フランス式)
2. バッハ:管弦楽組曲第3番 BWV1068〜第6曲「ジーグ」(イタリア式)
3. モーツァルト:ジーグ KV574(イタリア式)
4. シューマン:ピアノ小品 作品32〜第2番 ジーグ(フランス式)
5. ドビュッシー:管弦楽のための《映像》〜「ジーグ」(イギリス、スコットランド起源のジーグがベース)
6. シェーンベルク:組曲 作品29〜第4曲「ジーグ」

大井駿
大井駿 指揮者・ピアニスト・古楽器奏者

1993年生まれ、東京都出身。 パリ地方音楽院、ザルツブルク・モーツァルテウム大学ピアノ科・指揮科卒。 同大学院、ミュンヘン国立音楽演劇大学でピアノ、指揮、古楽の3科...

ONTOMOの更新情報を1~2週間に1度まとめてお知らせします!

更新情報をSNSでチェック
ページのトップへ