プレイリスト
2020.09.09
おやすみベートーヴェン 第269夜【作曲家デビュー・傑作の森】

「祝典劇《アテネの廃墟》」——有名なトルコ行進曲も登場! 新劇場の柿落としで披露

生誕250年にあたる2020年、ベートーヴェン研究の第一人者である平野昭さん監修のもと、1日1曲ベートーヴェン作品を作曲年順に紹介する日めくり企画!
仕事終わりや寝る前のひと時に、楽聖ベートーヴェンの成長・進化を感じましょう。

1800年、30歳になったベートーヴェン。音楽の都ウィーンで着実に大作曲家としての地位を築きます。【作曲家デビュー・傑作の森】では、現代でもお馴染みの名作を連発。作曲家ベートーヴェンの躍進劇に、ご期待ください!

ONTOMO編集部
ONTOMO編集部

神楽坂を拠点に、取材・編集作業をしています。

監修:平野昭
イラスト:本間ちひろ
編集協力:水上純奈

この記事をシェアする
Twiter
Facebook

有名なトルコ行進曲も登場! 新劇場の柿落としで披露「祝典劇《アテネの廃墟》」

フランツ皇帝は1808年以来、ハンガリーのオーフェン(現ペスト)にドイツ劇場を開設する考えをもっていたが、ようやく落成のめどが立ち、この年の10月4日に柿落としをすることにした。国立劇場建設準備局はハンガリーに相応しい祝典劇の書き下ろしを、宮廷劇作家コッツェブーに依頼した。コッツェブーはオムニバス形式の三部作を書きおろした。フォアシュピール(前劇)として『シュテファン王、あるいはハンガリー最初の善政者』、中心劇として『ベーラの脱出』、そしてナッハシュピール(後劇)として『アテネの廃墟』の三部作である。しかし、当局は『ベーラの脱出』は皇帝の逃亡を思わせるものがあるとし、中心劇を省略した二部作として採用し、音楽付けをベートーヴェンに依頼してきたのである。

——平野昭著 作曲家◎人と作品シリーズ『ベートーヴェン』(音楽之友社)123ページより

本日と明日でご紹介する作品は、祝典劇のために書かれたものです。以前ベートーヴェンが書いた劇付随音楽は《コリオラン》《エグモント》ですが、どちらも悲劇作品でした。祝典劇《アテネの廃墟》作品113はナッハシュピール(後劇/劇的な作品の後に上演されるコメディ)とのことですので、華々しく柿落とし公演を締めくくったに違いありません。

ちなみに劇中には、ピアノ曲《トルコ行進曲》として親しまれている曲も登場(音源中5曲目)します。ピアノ版よりもさらに行進曲らしさが感じられる管弦楽版は、必聴です。

作品紹介

「祝典劇《アテネの廃墟》」Op.113

作曲年代:1811年8月20日〜9月10日(ベートーヴェン40歳)

初演:1812年2月9日

出版:1823年(序曲のみ)、1846年(全曲)

A. コッツェブー原作の祝典劇

ペストに新設の劇場杮落・開幕劇

平野昭著 作曲家◎人と作品シリーズ『ベートーヴェン』(音楽之友社)

ONTOMOの更新情報を1~2週間に1度まとめてお知らせします!

更新情報をSNSでチェック
ページのトップへ