プレイリスト
2020.11.22
おやすみベートーヴェン 第343夜【最後の10年】

「ピアノ・ソナタ第32番 ハ短調」第1楽章——「苦悩から歓喜へ」地の果てまで堕ちてゆくハ短調

生誕250年にあたる2020年、ベートーヴェン研究の第一人者である平野昭さん監修のもと、1日1曲ベートーヴェン作品を作曲年順に紹介する日めくり企画!
仕事終わりや寝る前のひと時に、楽聖ベートーヴェンの成長・進化を感じましょう。

1800年、30歳になったベートーヴェン。音楽の都ウィーンで着実に大作曲家としての地位を築きます。【作曲家デビュー・傑作の森】では、現代でもお馴染みの名作を連発。作曲家ベートーヴェンの躍進劇に、ご期待ください!

ONTOMO編集部
ONTOMO編集部

神楽坂を拠点に、取材・編集作業をしています。

監修:平野昭
イラスト:本間ちひろ

この記事をシェアする
Twiter
Facebook

「苦悩から歓喜へ」地の果てまで堕ちてゆくハ短調「ピアノ・ソナタ第32番 ハ短調」第1楽章

ベートーヴェンが「選帝侯ソナタ」以来、40年間書き続けたピアノ・ソナタ。本日と明日ご紹介する、第32番が最後のソナタです。第31番とは、ほぼ同時進行で作曲されました。

この第32番 Op.111は全2楽章で、第1楽章は第2楽章の約半分ほどの長さです。この頃のベートーヴェン作品は《第九》に代表されるように、終楽章(フィナーレ)に重きが置かれます。また、「暗から明へ」「苦悩から歓喜へ」というメッセージ性も強調されます。

平野 あの地の果てまで堕ちてゆくようなハ短調の第1楽章から、何もかも解き放たれたようなハ長調に向かっていきます

——小山実稚恵、平野昭著『ベートーヴェンとピアノ 限りなき創造の高みへ』(音楽之友社)128ページより

いよいよ明日は、長大な第2楽章。ベートーヴェンのピアノ・ソナタ、長い道のりの最終章をご紹介します。

作品紹介

「ピアノ・ソナタ第32番 ハ短調」op.111

作曲年代:1821〜22年(ベートーヴェン51歳)

出版:1822年夏シュレジンガー社、シュタイナー社、アルタリア社他同時出版

小山実稚恵、平野昭著『ベートーヴェンとピアノ 限りなき創造の高みへ』(音楽之友社)
ONTOMO編集部
ONTOMO編集部

神楽坂を拠点に、取材・編集作業をしています。

ONTOMOの更新情報を1~2週間に1度まとめてお知らせします!

更新情報をSNSでチェック
ページのトップへ