日めくりオントモ語録/ゲルハルト・オピッツ

読みもの
2018.04.28
この記事をシェアする
イラスト:駿高泰子

ソナタを弾くたびにベートーヴェンの新しい一面を発見しますし、そのたびにひとつの旅に出るような思いがします。

――ゲルハルト・オピッツ『いまに生きるベートーヴェン 生涯・作品と演奏法の変遷』より

ヴィルヘルム・ケンプの弟子で、師弟関係をさかのぼっていくとベートーヴェンに至るという、ドイツ正統派の第一人者というべきピアニスト・オピッツのベートーヴェン論。「ベートーヴェンのソナタ全曲を集中的に弾くことは、人の成長を良い方へ導くものです」と続ける。

ゲルハルト・オピッツ(Gerhard OPPITZ 1953~)

1953年、バイエルン州生まれ。5歳でピアノを始め、11歳でモーツァルト「ニ短調協奏曲」を演奏。その後シュトゥットガルト国立音楽大学でパウル・バックに師事。73年以降、ヴィルヘルム・ケンプから主にベートーヴェンのソナタと協奏曲を学ぶ。77年、第2回あるトゥール・ルービンシュタイン・コンクールで第1位。バッハからブーレーズまで幅広いレパートリーをもつ。日本では1994年、NHKで合計7時間にわたってベートーヴェン・ソナタ集の演奏およびレッスンを行い放映された。

ツイートする
シェアする

ONTOMOの更新情報を1~2週間に1度まとめてお知らせします!

更新情報をSNSでチェック
ページのトップへ