プレイリスト
2020.10.10
おやすみベートーヴェン 第300夜【不滅の恋人との別れ】

「兵士の別れ」 ——出征する兵士の熱い思いを歌いあげる

生誕250年にあたる2020年、ベートーヴェン研究の第一人者である平野昭さん監修のもと、1日1曲ベートーヴェン作品を作曲年順に紹介する日めくり企画!
仕事終わりや寝る前のひと時に、楽聖ベートーヴェンの成長・進化を感じましょう。

ウィーン会議、ナポレオンの没落......激動のウィーンで43歳になったベートーヴェン。「不滅の恋人」との別れを経て、スランプ期と言われる時期を迎えますが、実態はどうだったのでしょう。

ONTOMO編集部
ONTOMO編集部

神楽坂を拠点に、取材・編集作業をしています。

監修:平野昭
イラスト:本間ちひろ
編集協力:水上純奈

この記事をシェアする
Twiter
Facebook

出征する兵士の熱い思いを歌いあげる「兵士の別れ」

1814年の暮れに作曲。ルートヴィヒ・ライシッヒ(1783~1847)のこの詩は、まずベートーヴェンが作曲したあとに、ライシッヒの詩集『孤独の花』第3集に収録されて1815年に出版されている。詩は出征してゆく兵士の決意を歌い上げるかのように、決然とした行進曲風の音楽となっている。

「愛に燃えて出征する、涙なしに出てゆこう。腕は祖国に、心は愛しい人に。真の勇者は愛する人のために燃え、戦場で祖国のために死す」。まさにウィーン会議の開かれている戦時下の歌といえるのかもしれない。

解説: 平野昭

5年ほど前に集中的に作曲していた、ライシッヒの詩による歌曲です。ライシッヒ自身、1809年にオーストリア軍がナポレオンに勝利した数少ない戦闘、ウィーン近郊で起こった「アスペルン・エスリンクの戦い」に参戦し、勇敢に戦った兵士でした。

作品紹介

歌曲《兵士の別れ》 WoO143  

作曲年代:1814年末(ベートーヴェン44歳)

出版:1815年6月

テキスト:ルートヴィヒ・ライシッヒ

ONTOMO編集部
ONTOMO編集部

神楽坂を拠点に、取材・編集作業をしています。

ONTOMOの更新情報を1~2週間に1度まとめてお知らせします!

更新情報をSNSでチェック
ページのトップへ