プレイリスト
2020.10.12
おやすみベートーヴェン 第302夜【不滅の恋人との別れ】

歌曲《秘密(愛と真実)》——新聞社からの依頼曲

生誕250年にあたる2020年、ベートーヴェン研究の第一人者である平野昭さん監修のもと、1日1曲ベートーヴェン作品を作曲年順に紹介する日めくり企画!
仕事終わりや寝る前のひと時に、楽聖ベートーヴェンの成長・進化を感じましょう。

ウィーン会議、ナポレオンの没落......激動のウィーンで43歳になったベートーヴェン。「不滅の恋人」との別れを経て、スランプ期と言われる時期を迎えますが、実態はどうだったのでしょう。

ONTOMO編集部
ONTOMO編集部

神楽坂を拠点に、取材・編集作業をしています。

監修:平野昭
イラスト:本間ちひろ
編集協力:水上純奈

この記事をシェアする
Twiter
Facebook

新聞社からの依頼曲  歌曲《秘密(愛と真実)》

1816年2月に『ウィーン・モード新聞』および『芸術・文芸・演劇雑誌』に掲載出版されたこの曲は、1815年暮れまでには書き上げられていたのだろう。イグナツ・カール・フォン・ヴェッセンベルク男爵という貴族の作詞で、モード新聞社の編集者ヨハン・シックの依頼によってベートーヴェンが作曲。

ト長調からホ短調への転調などがあるが、全体に静かに歌われる。歌詞大意は「枯れない花はどこにあるのだ、煌めきをやめない星はどこになるのだ。ミューズよ、その清らな口で告げよ、その花と星のあるところを」。

解説:平野昭

『ウィーン・モード新聞』および『芸術・文芸・演劇雑誌』は、当時のオーストリアのもっとも重要な文化雑誌の1つで、その編集者ヨハン・シックはシューベルトに歌曲《ます》の作曲を依頼したことでも知られています。

作品紹介

 歌曲《秘密(愛と真実)》 

作曲年代:1815/16年(ベートーヴェン45歳)

出版:1816年

ONTOMO編集部
ONTOMO編集部

神楽坂を拠点に、取材・編集作業をしています。

ONTOMOの更新情報を1~2週間に1度まとめてお知らせします!

更新情報をSNSでチェック
ページのトップへ